2021年03月05日

エイプリルフール

マリア・グリーペ「森の少女ローエラ」より。


春祭りの前夜---四月最後の日、ローエラはモナの夜遊びにいっしょに連れていってくれるよう頼んだ。外出の最後のチャンスだ、
だが...町の教会の12時の鐘が鳴り、コップの予言は当たらなかった。


ある晩、モナが泣いていた。
家が恋しいと言う。でも帰る家はとっくになかったのだ。

モナには兄が二人と、妹が一人いた。
ある日、母親は赤んぼうだった妹を連れて家出し、そして再婚した。
そのすぐ後で父親も再婚した。兄たちはすでに家を出ていた。

モナはできるだけ家に寄りつかないことにして仲間と遊びまわった。
その頃の父親は、何をしても叱らず、ねだるものは買ってくれた。
けれどスリルのために仲間たちと万引きをしたのがばれた時、すべては変わった。

ものわかりがよさそうだった父親は一変し、モナから手を引いて児童保護委員会に委ねた。


モナは話し続ける。

「児童保護委員会の人はやっぱりものわかりがよかったわ、ええ、わかってますよって顔してた。
『理解してます。理解してまぁす。』って、そんなものが何になるの?
・・・
父親ってのは、たえず子どもを〈理解〉してるひつようなんかないのよ....そうよ....、いつも〈好いて〉くれてれば、それでいいんだ。」

--------------------

ローエラは以前から、モナの毎晩のお祈りが気になっていた。

「・・神さま、モナとロランとクリルとピップとヨッケとマッガンと、すべての人をおまもりください....アーメン....あのおいぼれじじいのほかは」

ヨッケはボーイフレンドでマッガンは友だちだ。他は兄たちと妹。
「おいぼれじじい」がモナのパパのことだったとは!


化粧をし、週刊誌とヒットソングが好きで、タバコを吸い、遊びまわるモナ。森にいた頃のローエラなら、けっして関わろうとはしなかっただろう。

町の暮らしはローエラの経験を広げ、それは必ずしも最初に思ったほどわるいものばかりではなかった。


児童保護委員会の人が示す「理解」、こういうことはどこの国でも同じようなものなのか、あのスウェーデンでさえも...?

背伸びしているモナも、まだ子どもだ。
そして子どもは大人の言葉や態度の背後にあるものを、頭ではなく全身の感覚で聴く。

そういえば子どもの頃、大人はたいてい愛想が良かった。
にこやかに話しかけてきても、ほとんどの場合、それが「お愛想」だとわかってしまった。
(私はきわめて愛想のわるい子どもだったが...)


ひとつ、全く違う物語を思い出す。
ジブリのアニメにもなった「思い出のマーニー」に出てくる、田舎でアンナを預かった素朴な老夫婦。

アンナはある時、この素朴なおばさんが誰かにアンナのことを話しているのを耳にする。

「何といってもあの子は、わたしらには金(きん)みたいにいい子だからね。」

河合隼雄が何かの本で、アンナがこの言葉にどれほど癒されたことか、と書いていた。
老夫婦はアンナを理解しているわけではなかったが、アンナをアンナのままで大切に思っていたのだ。


話を戻す。
ローエラはモナとたまたま同じ部屋に住んでいるだけで、特に仲良くなったわけではない。
ただ、最初の頃ほど反感は感じなくなり、関心を持ち始めていた。
モナも親兄弟と離れ離れになって、ひとりぼっちでここにきているのだ。

ローエラはコップの予言が当たらなかった話を持ち出してみた。

「あれは一種のエイプリルフールよ。いちいち気にすることないわ。ああいう遊び、やったことないの?」

エイプリルフールだって?では霊にかつがれたのか。
ローエラはすべてを始めから考え直してみることにした...
  
  
【マリア・グリーペの作品の最新記事】
posted by Sachiko at 22:33 | Comment(0) | マリア・グリーペの作品
2021年03月02日

ひな祭り

明日はひな祭りだというのに、一日中雪が降っていた。
でもこの時期は、たとえ大雪が降ろうと氷点下だろうと、もう冬ではない。

春の自然霊たちが働きはじめ、大地の中ではすでに変化が起きている。まだ目には見えないその変化が、春の気分を放射する。
スノードロップは、雪が消えかけたらすぐにでも咲き出す用意を整えているだろう。

季節行事の楽しみは、そうした季節の気分にかたちを与える。


小さめの一段だけのひな人形は、私が生まれたときに祖母が買ってくれたものだ。
その後は毎年一段ずつ買い足すという話だったらしいのだが、後が続かなかった。

赤い布も当時のものがそのままだ。
父が作ってくれた屏風は、すっかり色褪せて金色が茶色になっている。

ohinasama.jpg
  
posted by Sachiko at 22:27 | Comment(2) | 季節・行事
2021年02月27日

「いばら姫」

三大メルヒェンというのがある。
一説では「白雪姫」「いばら姫」「赤ずきん」で、また「白雪姫」「いばら姫」「ヘンゼルとグレーテル」だという説もある。
私は「白雪姫」が最高傑作だと思うけれど、いずれにしても「いばら姫」は入っている。

このお話の中で、どうも腑に落ちないところがあった。
姫がつむを指に刺して百年の眠りにつき、同時にお城中のすべてのものが眠ってしまった時、魔女はどうなったのだろう。

自分の魔法にかかっていっしょに眠ってしまったのではあまりにマヌケだし、この魔女についての記述はここで途絶えている。
王子が姫の眠る部屋にやってきた時も、魔女には遭遇していない。

つまり、魔女はもはや、わかり易い魔女の姿では存在していないのだ。
魔女は城を眠りにつかせた魔法のはたらきそのものであって、魔法がとけたときに消えてしまったのではないだろうか....


グリム兄弟はメルヒェンのストーリーそのものには手を加えずに残したが、フランスではかつて多くの作家たちが改変版を作ったと言われている。
シャルル・ペロー版の「眠れる森の美女」は、王子の母親が実は人食い鬼で・・・などというややこしい話になっている。

改変に改変を重ねたディズニー版は、もはや原型をとどめていない。
メルヒェンには著作権がないから何をしてもいいのか?
メルヒェンのように根源(Origin)に根差しているものを恣意的に改変するのは、遺伝子組換に相当する行為のように思える。


ヨハネス・W・シュナイダーの「メルヘンの世界観」では、百年目にやってきた王子について、このように語られている。

「・・お城に入るために、この王子はいったい何を必要としたでしょうか。勇気、決意、あるいは意志の力といったもの以外は必要ではありませんでした。
そして勇気をもっていばらに向かったとき、いばらはしぜんに開いたのです。」


しかし.....この王子の前にも多くの王子たちが勇気と決意と意志を持ってやってきたが、いばらに阻まれて悲惨な最期を遂げたのだ。
最後の王子は何が違ったのか....
百年目の、ちょうど呪いが解ける日にやってきた、ということだけだ。

白雪姫は王子が現われて目を覚ますけれど、いばら姫は、ちょうど目をさます時に王子が現われたのだ。
ちょうどよいタイミング、ここではこれが重要なのかもしれない。

「メルヘンの世界観」の中では、いばら姫の眠りは、知性の抽象思考によって麻痺した状態とされている。つまり現代人はこの状態だ。

このメルヒェンは、根源の世界から離れて、地上で麻痺状態をくぐり抜けたあと、ふたたび本来の人間性を取り戻すという、人類の発達の過程が描かれているという。

解釈はとりあえず脇に置いておくとして、メルヒェンそのものを純粋に響かせてその世界に浸ることが、やはりいちばんの楽しみ方だと思う。
  
posted by Sachiko at 21:55 | Comment(2) | メルヒェン
2021年02月24日

降霊術

マリア・グリーペ「森の少女ローエラ」より。

アディナおばさんから帰って来るようにと手紙が届いたが、ローエラは学年末まで町にいなくてはならないと返事を書いた。
パパが来るまで待っていなくてはならない。そのためだけに町に来ることになったのだと、ローエラは確信している。

ローエラがインフルエンザにかかって寝ていたある晩、奇妙なことが起こった。
モナがマッガンという少女を連れてきて、テーブルに大きな紙を広げ、そこにたくさんの円と、円の中にアルファベットを書いた。

モナは、「霊をうまくあやつるには三人くらい必要」と言って、ローエラを起こして仲間に入れた。
これは一種の霊媒ゲームで、コップの中に小声で質問をすると、コップが紙の上をすべって答えてくれるのだという。

モナとマッガンは、ボーイフレンドのことやライバルのことなどを質問し、答えを得た。
ローエラの番になり、コップに質問をささやいて円の上に伏せ、三人はコップに指先をかけた。

コップがすべり出し、いくつかの文字の上で止まる。
 A-P-R-I-L
ローエラにだけ、その意味がわかった。パパはいつ来ますかときいてみたのだ。

あまり長く待たなくてすむ。きょうは四月一日だから......

--------------------

この降霊術は、日本で言えば「こっくりさん」だ。
中学生の頃だったか、周りで話題になっていたことがあるが、最近はあまり聞かなくなったし、私はやったことがない。

シュタイナー系のある本の中に、このような話がある。
現代人は、調和的な形で霊的なものに結びつく能力が失われつつある一方で、センセーショナルな霊的なことには強い関心を持つ。

その一例として「こっくりさん」の話が出てくるのだが、この種のものは低級霊のはたらきによる怖い世界だということなので、興味本位で関わらないほうがよさそうだ。


モナは、人間にはひとりひとり守護霊がついているのだと言う。
モナの霊は17世紀の黒人の王様だ。マッガンの霊は、千年ほど前の日本の王子様で、その名前をスウェーデン語に訳すと、〈ため息をついている木〉という意味になるそうだ。

この話は少し興味を引いた。
平安時代の、貴族なのか皇族なのか、そんな名前の人がいただろうか?
たぶん創作だと思うけれど、〈ため息をついている木〉を意味する漢字は何だろう。なかなか素敵な名前だ。
  
posted by Sachiko at 21:47 | Comment(0) | マリア・グリーペの作品