2020年02月17日

エルム・2

ヨーロッパニレは、ニレ特有の病気のせいで絶滅の危機に瀕しているそうだ。
シュタイナーは、植物は基本的に病気になることがないと言っている。もし病気になるとすれば、外的な環境の反映である、と。
ヨーロッパニレが枯れてしまう病気も、ニレの木食い虫と、それが仲介する菌類によるものだ。

伝説では、エルムは黄泉の国や、妖精界とのあいだの通路に生えていると言われる。

エルムは水星と深いつながりがある。
水星の神、ヘルメス(メルクリウス)は、天と地、あるいは冥界とのあいだを軽やかに動き回る伝令であり、みずみずしく若い神だ。
樹木の生長や形姿は、こうして惑星の影響を受ける。

「トゥリーエンジェルオラクル」(フレッド・ハーゲネーダー)より、エルムの天使のメッセージの抜粋。

------------------------

エルムの天使は、コミュニケーションと交感の分野で輝く存在です。それは誠実な真のコミュニケーションをします。

コンピューターで育った世代で交わされる意味のないメール交換や仲間内のそっけないやり取りではなく、さまざまな障壁を乗り越える真のコミュニケーションといえます。

真の出会いとは、誰も偏見をもたず、お互いを尊重しあえるときにのみ可能です。

テクノロジーの発達は、例えば電話などの機器が、人間に元から与えられていたテレパシーというようなものの粗末な代用品でしかないことを、ますます見えなくさせてしまっています。
せめて、お互いの目をしっかりと見つめ合うことができたら....

エルムは、わたしたちと外の世界を結びつけます。「いかなる存在に対しても、自分の一面と思って向き合いなさい」、これは誠実な真のコミュニケーションの種をまくことです

----------------------

このメッセージも、伝令である水星の神を思わせる。
さらに、電気通信の発達と普及の時期が、エルム病によってほとんどのエルムの木が失われた時期と重なっているのは、偶然と考えられている、と書かれているのだが.....

この話は、アイルランドで田舎まで電気が普及した後、妖精の目撃談が急速に消えていったという話を思い出させる。

テクノロジーは伝令の神の仕事を邪魔しているのか、人間は星の言葉も木の言葉も、人間同士の言葉さえ聞こえなくなってしまっている。
エルムの木自体が、星と木と人間のあいだをつなぐ伝令の働きをしていたのではないだろうか....
  
posted by Sachiko at 22:11 | Comment(2) | 樹木
2020年02月15日

エルム

ゲルマン神話では、神々が木に生命を吹き込んで、トネリコから最初の男が、エルム(ニレ)から最初の女が生まれたと言われている。
人間が木から生まれたという神話は、ネイティヴアメリカンなど世界のさまざまな民族の中にある。

アイヌの神話では、チキサニはハルニレの女神だ。
美しいチキサニのもとに雷神カンナカムイが降りて、アイヌ民族の祖であるアイヌラックル(オキクルミ)が生まれた。
この伝承には幾つかのバリエーションがある。

日本にはアイヌ民族がいるということを、他の地方に住む人たちはどのくらい意識しているだろうか。
北海道でエルムといえば、ニレ科の中でも特にこのハルニレを指す。街路樹などにも多く使われ、巨木も多く、親しみのある木だ。

「ニレ」よりも「エルム」という呼び名が一般的で、日常の中でもエルム荘とかエルムタクシーとか、エルム○○という名のつくものはとても多い。

ドロシー・マクレーンがコンタクトした木のディーバは、他の土地に移植されたとしても、土着の木々はその土地に戻りたがっていると言っている。

何らかの理由で木々が失われた時、とりあえず成長の早い樹種を植えるということは長いあいだ行なわれていた。表土流出を防ぐためなど、それが有効な場合も多くある。

けれどやはり、植樹する場合は元々そこにあった樹種を植えるのが望ましいと、あのアナスタシアも言っている。
神話が生まれた時代からあった木は、その土地とひとつになって安らぎ、本来の役割を果たすことだろう。

神話のように、木は人間の根源とつながっていて、人は木がなければ生きられないというのはほんとうにその通りなのだ。
  
posted by Sachiko at 22:27 | Comment(0) | 樹木
2020年02月06日

トネリコ・2

以前、シラカバが金星の働きのもとにあることについて書いたことがある。トネリコの星は、太陽だ。

森林保護に携わる木の作家、フレッド・ハーゲネーダーによる「トゥリーエンジェルオラクル」より、ASH(トネリコ)のメッセージ。

ash.jpg

「アッシュはわたしたちに、熟達者であれ、と呼びかけます。わたしたちの才能や創造的な能力を活用して、自分の可能性を十全に生きるように求めます。
・・・
ただし、どんな大志を抱いたとしても、アッシュは太陽の木そのものであることを忘れてはいけません。太陽は、わたしたちの存在の中心です。
あなたの目指すゴールが、あなたの内なる自己と確かに共鳴していることを確認してください。」


ケルトの樹木暦では、トネリコは第3の月にあたる。
樹木と星々のこうした関連性について、古代の人々はよく知っていた。

トネリコは条件がよければ樹高が30〜40メートルに達するという。
根は地中に深く緻密に張り、樹冠の枝は天に向かって伸び拡がる。それはまさに宇宙のバランスを表わす姿だった。

樹木や星ともっと親しかった時代の人々は、木や星の時間を基準に世界秩序を考えることができたのだろう。
ユグドラシルの樹冠が天に届くように、地上の木と遠い星とは、あるところで融け合う。

人間の寿命ははるかに短いが、肉体の寿命を超えた別次元の時間を、人間もたしかに持っている。
だが木から離れ、星から離れた現代の人間は、肉体の分の時間しか持たなくなったように見える。

地上時間ではもうずいぶん長いあいだ、人間は次の文明の手前で立ち止まっていたけれど、宇宙樹の時間はふたたび動き始めたようだ....
  
posted by Sachiko at 21:56 | Comment(0) | 樹木
2020年02月03日

トネリコ

ユグドラシルつながりで、トネリコの木の話。

神話に出てくるのはセイヨウトネリコで、日本原産のトネリコとは少し違う。セイヨウトネリコの苗が売られているのを見つけたことがあるが、かなりの大木になるので手を出せなかった。

魔女のホウキの穂はエニシダ(ブルーム)だが、柄はトネリコで作られていたという。また、ドルイドの杖もトネリコだったと言われている。


「樹木たちはこう語る」(ドロシー・マクレーン)から、トネリコのディーバのメッセージ。

「・・本質では私たちはひとつです。
私もあなたも一つの同じ惑星に住み、同じ環境と同じエネルギーの世界を、それぞれ異なった次元で共有しています。

私たちはあなたを、私たちが共有している愛と思いやりへと、お連れしたいと思います。あなたは私を愛し、思いやり、あなたが選んだものを愛し思いやることができます。

あなたは世界を変える選択の自由を持っているからです。愛情をもって選択してください。
私たちの世界とあなた方の世界は、全体に奉仕することによって、ひとつになるのです。」

ドロシーがコンタクトした木のディーバは、木々が世界に影響力を持つためには、成長した大きな木が絶対に必要だと言っている。大人ができることを子どもにはできないのと同じように。

同様に、この世界で木々とともに働くには、小さなエゴの木ではなく、永遠の自我の木を植え育てていく人間が必要だ。
異なった次元に生きるものたちも、互いにつながり影響しあっている。

星と樹木と人間は、三位一体のような気がする。
地球ではそれらのあいだを、自然界のディーバたちが軽やかに(それとも困難に、だろうか。今の時代には)働いているのだろう。

フィンドホーンの創設者たちの中で、ただひとりまだ健在のドロシー・マクレーンは、先月フィンドホーンで100歳の誕生日を迎えたそうだ。
   
posted by Sachiko at 22:22 | Comment(0) | 樹木
2019年10月09日

イボタの実

イボタの木は私が植えたのではなく、家の裏手の隅に最初からあったものだ。熟すと青黒くなる実は、今年はほとんど実らず、小鳥たちの餌にもなりそうもない。

ibota.jpg

子どもの頃、向かいの家の角に生えていた。花を摘んで何かの遊びに使ったことがあったかも知れない。
どうということもない木だったが、そのあたりの景色と一体になって、記憶の中で不思議に存在を主張している。

生垣に使われているのを多く見かけたが木の名前はわからず、ずっと後になってイボタだと知った。
初夏には芳香のある小さな房状の白い花が咲く。すこしジャスミンの香りに似ている気もする....

ふだんはめったに見にも行かず気に留めることもない木なので、気がつけば伸びた枝が塀越しに裏の家のほうへはみ出している。

切らなければ...と思いつつ見ると、小さな実が少しばかりついて、葉っぱとともに秋の色になっていた。
  
posted by Sachiko at 22:01 | Comment(0) | 樹木