2021年04月17日

魔法にかけられた王子

メルヒェンには、王子が魔法によって姿を変えられてしまった話がよく出てくる。
「雪白とばら紅」では熊の姿に変えられ、「かえるの王さま」では、ヒキガエルに変えられている。

ヨハネス・シュナイダーの「メルヘンの世界観」によれば、動物に変えられた姿は、人間が本来あるべき状態にない、ということを意味している。

多くのメルヒェンに、幾つかの共通するパターンがある。
太古の叡智(しばしば黄金で表わされる)が生きていた時代、その叡智を失って人間にふさわしくない姿で生きなければならない時代(現代はこの時代)、最後に、人間が本来の姿を取り戻す時代。

近年、縄文などの古代の叡智や先住民の智恵が再び注目され始めているのは、本来の姿を思い出そうとする意志が目覚めてきているということだろうか。

けれどそれは太古の黄金そのままに先祖返りするのではなく、現代のような困難なプロセスを通って、新しい黄金に紡ぎ直されなければならない。そうして獲得した自由な意識をもって、個であり全体であるという未来の意識にたどり着く。


「かえるの王さま」では、王女がカエルを壁に叩きつけることで魔法が解けるのだが、これが残酷だとやらで、王女がカエルにキスをすると王子に戻るという奇妙な改変バージョンが出回っている。
この改変についてはかつてミヒャエル・エンデがかなり憤っていた。

「・・まさにその攻撃によって王女は王子を救い出す。こういう図式に理解を示さず、外面的な意識で童話をいじくりまわすなら、童話の意味はこわれてしまう。
現代人は頭がすっかりおかしくなって、もはやさまざまな平面を区別できなくなっている。こういう事態こそ、恐るべきことなんだ。」(「オリーブの森で語りあう」より)


メルヒェンは根源的な物語だ。
そこには宇宙的な時間における人類の発達段階が描かれているのだとしたら、現在は魔法にかかって動物の姿になっている人類も、やがてその段階を超えて本来の人間性に至ることが約束されていることになる。

メルヒェンの中でその未来は霊視されていて、王子と王女の輝かしい結婚と幸福の姿で描かれる。
魔法という悪の働きによって動物の姿に変えられた人間は、本来、天の王族だったのだ。

ならば動物の姿に絶望することはない。
正統なメルヒェンは、人類のあるべき未来への希望の物語とも言える。
  
posted by Sachiko at 22:23 | Comment(0) | メルヒェン
2021年02月27日

「いばら姫」

三大メルヒェンというのがある。
一説では「白雪姫」「いばら姫」「赤ずきん」で、また「白雪姫」「いばら姫」「ヘンゼルとグレーテル」だという説もある。
私は「白雪姫」が最高傑作だと思うけれど、いずれにしても「いばら姫」は入っている。

このお話の中で、どうも腑に落ちないところがあった。
姫がつむを指に刺して百年の眠りにつき、同時にお城中のすべてのものが眠ってしまった時、魔女はどうなったのだろう。

自分の魔法にかかっていっしょに眠ってしまったのではあまりにマヌケだし、この魔女についての記述はここで途絶えている。
王子が姫の眠る部屋にやってきた時も、魔女には遭遇していない。

つまり、魔女はもはや、わかり易い魔女の姿では存在していないのだ。
魔女は城を眠りにつかせた魔法のはたらきそのものであって、魔法がとけたときに消えてしまったのではないだろうか....


グリム兄弟はメルヒェンのストーリーそのものには手を加えずに残したが、フランスではかつて多くの作家たちが改変版を作ったと言われている。
シャルル・ペロー版の「眠れる森の美女」は、王子の母親が実は人食い鬼で・・・などというややこしい話になっている。

改変に改変を重ねたディズニー版は、もはや原型をとどめていない。
メルヒェンには著作権がないから何をしてもいいのか?
メルヒェンのように根源(Origin)に根差しているものを恣意的に改変するのは、遺伝子組換に相当する行為のように思える。


ヨハネス・W・シュナイダーの「メルヘンの世界観」では、百年目にやってきた王子について、このように語られている。

「・・お城に入るために、この王子はいったい何を必要としたでしょうか。勇気、決意、あるいは意志の力といったもの以外は必要ではありませんでした。
そして勇気をもっていばらに向かったとき、いばらはしぜんに開いたのです。」


しかし.....この王子の前にも多くの王子たちが勇気と決意と意志を持ってやってきたが、いばらに阻まれて悲惨な最期を遂げたのだ。
最後の王子は何が違ったのか....
百年目の、ちょうど呪いが解ける日にやってきた、ということだけだ。

白雪姫は王子が現われて目を覚ますけれど、いばら姫は、ちょうど目をさます時に王子が現われたのだ。
ちょうどよいタイミング、ここではこれが重要なのかもしれない。

「メルヘンの世界観」の中では、いばら姫の眠りは、知性の抽象思考によって麻痺した状態とされている。つまり現代人はこの状態だ。

このメルヒェンは、根源の世界から離れて、地上で麻痺状態をくぐり抜けたあと、ふたたび本来の人間性を取り戻すという、人類の発達の過程が描かれているという。

解釈はとりあえず脇に置いておくとして、メルヒェンそのものを純粋に響かせてその世界に浸ることが、やはりいちばんの楽しみ方だと思う。
  
posted by Sachiko at 21:55 | Comment(2) | メルヒェン
2020年02月22日

「ルンペルシュティルツヒェン」・2

・・・三日のあいだに自分の名前を言い当てたら、子どもを取らずにおこう、と小人は言った。

お妃は、聞いたことのある名前をすべて思いだし、他の名前があるなら国じゅうを回って聞き出してくるようにと使者を送った。

あくる日小人がやってきたとき、お妃は知っている名前すべてを並べ立てたが、小人はそんな名前ではないと言う。

二日目には、めったにないおかしな名前を並べてみたが、小人はそんな名前ではないと言った。

三日目に使者が戻って来てこう報告した。
「森の中で、小人がひとり、焚火のまわりを飛び跳ねながら

 今日はパン焼き
 明日は酒づくり
 あさってにはお妃の子ども
 うれしいことに誰も知らない
 おれの名がルンペルシュティルツヒェンだということを

と、歌っておりました」

お妃が大喜びしていると、まもなく小人が入ってきた。

「さあ、おれの名前はなんというんだ?」
「ルンペルシュティルツヒェンとでもいうの?」

お妃が名前を言い当てると、小人は腹立ちまぎれにわめき、自分で自分のからだを引き裂いてしまった。

------

ヨハネス・W・シュナイダー著「メルヘンの世界観より。

焚火の周りで踊る小人は、名前が事物に力を与えることができるような太古の意識の中にいる。
太古の魔術的文化のように、強い意志のはたらきを通して何の変哲もないものを金に変えることができる。言うなれば意思を思考のはたらきに変える。

メルヒェンに子どもが出てくるとき、それは必ず未来を意味している。
この場合は、お妃が小人の名前を言い当てる(太古の文化の本質を探り出す)ことによって、人間の未来が守られる、ということになる。

------

名前を知ることでその相手に対して力を持つという話は、現代作品では「ゲド戦記」を思い出す。
太古には名前が呪術的な力を持っていたと言われる。
現代において多くのことが混乱しているのは、人間が事物の正しい名前や、名前というものの扱い方を忘れてしまったからではないか、という気がする。
人間の未来のためには、太古の力を持つ小人の名前を言い当てることが必要なのだ。

ルンペルシュティルツヒェンという、いかにもドイツ語らしい響きが私は好きだが、以前グリム童話集の中にこの物語を探そうとしたとき、なぜか見つからなかった。
岩波版のグリム童話集は全訳なので、ないはずはない。
しばらく探して「がたがたの竹馬こぞう」という訳になっているのを見つけた.....
  
posted by Sachiko at 22:15 | Comment(2) | メルヒェン
2020年02月21日

「ルンペルシュティルツヒェン」

グリムのメルヒェンの中で「ルンペルシュティルツヒェン」は、ドイツの子どもたちにはなじみ深いお話らしいけれど、発音しにくく聞き慣れない名前だからか、日本ではさほどメジャーではない。


・・貧しい粉ひきに、美しい娘がひとりいた。
この粉ひきが王さまに会ったとき、「娘は藁をつむいで黄金にすることができる」と言ってしまい、王さまは娘を連れてくるように言った。

王さまは娘に部屋いっぱいの藁と紡ぎ車を渡し、明日の朝までに藁を金にできなければ、お前の命はない」と言い渡した。

娘が途方に暮れて泣いていると、小人がひとり入って来た。小人は、娘の首飾りと引き換えに、朝までに藁をすっかり金に紡いだ。

それを見てもっと黄金が欲しくなった王さまは、さらに大きな部屋いっぱいの藁を紡ぐようにと娘に言った。
娘の指輪と引き換えに、小人は藁を金に紡いだ。

三日目、娘はもっと大きな部屋に連れて行かれた。もう小人にあげられるものはない。小人は、娘が王さまのお妃になったら最初の子どもをくれるように言った。娘は約束し、小人は朝までに金を紡いだ。

王さまは娘と結婚し、一年後に子どもが生まれたが、お妃は小人のことなど忘れていた。
そこへ小人が現われ、約束のものをくれるよう要求した。

お妃があまりに嘆き悲しむので、小人は三日だけ待ってやることにした。「そのあいだに自分の名前を言い当てたら、子どもを取らずにおこう」と小人は言った・・・


ヨハネス・W・シュナイダー著「メルヘンの世界観」の中では、このように語られている。

藁とは何か....実を取ったあとの残滓、生命がなくなって形だけがそこにあるものだ。
藁を紡いで金にするというイメージは、形骸化した命のない世界に永遠の生命あるものを与えることを示唆する。

以前「ホレおばさん」のところで、メルヒェンにおける黄金には、世界のはじまりから存在していた古い黄金と、地上での生活を通して新たに紡ぎだされた黄金二種類あるという話を紹介した。

ここでは、娘が持っていた首飾りや指輪が古い黄金で、藁から紡ぎ出されるのが黄金が新しい黄金として描かれている。
人間が未来へと進むためには、すでに持っている過去からの財宝をいったん背後に置いて世界にゆだねる必要があるのだという。


だがメルヒェンを現代的な頭の知性で解釈し理解することは、ともすれば本道からずれてしまう。
藁を紡いで、それを輝く黄金に変える....
このイメージをしばらく内側に響かせてみるとき、そこにある種の体験が浮かび上がってくる気がする。
古い時代の人々は、この内的な体験によってメルヒェンが語ることを直接理解できたのだろう。

お妃は小人の名前を言い当てられたのか.....話は続く。
  
posted by Sachiko at 21:55 | Comment(0) | メルヒェン
2019年03月28日

「ホレおばさん」異譚・4

娘が井戸を通ってホレおばさんの家に着く前に、野原でパン焼き窯とリンゴの木に出会う。

このパンとリンゴについて、「メルヘンの世界観」(ヨハネス・W・シュナイダー著)では、それらは地上生活を通して内面にたくわえられた、人生の実りだと言われている。
しかもそれは、天上界よりもさらに高次の存在たちの糧として差し出される贈りものであるとされる。

地上で働き者だった娘は、かまどからパンを取り出し、木からリンゴを揺すり落として、高次元の糧を用意することができたのだ。

この働き者というのは別に、毎日何時間残業したかというような話ではないだろう。
シュタイナーは「愛を持って為すなら、すべての行為は倫理的である」と言っていて、逆に、仕事をするとき「仕事だからと割り切ってやる」というやり方が一番いけないのだ、とも言っている。

これは以前フィンドホーンの話で触れた、LOVE IN ACTION−「愛を持って為す」ということにもつながる。

地上に実る作物が人間の糧になるように、人間の魂の実りは、天使や高次存在にとっての糧になるのか....

人間が高次の世界に糧をもたらすことができなくなれば、地上もまた荒廃するだろう。
人間の使命は、この世の物質的な活動だけにあるのではなく、高次の世界にも関わっている。

メルヒェンを読むときに感じる独特の気分は、単に「おもしろいおはなし」を読むのとは違っている。
無意識のうちに、はるかな天上の世界から降りてくる響きを魂が捉えるからだろうと思う。
 
posted by Sachiko at 21:15 | Comment(2) | メルヒェン