2020年01月30日

クリストフォロスの木

ウルスラ・ブルクハルト「Das Märchen und die Zwölf Sinne des Menschen(メルヒェンと人間の12感覚)」より。

------------------------

ノルウェーのおとぎ話に、ある王様が城の樫の木をどこまでも大きく繁らせた話がある。木は窓を覆い、すべての光をさえぎった。
このように自分の自我の木のことだけを考え周りを忘れる者は、じきに暗闇の中に座ることになる。

クリストフォロスは全く違う木を植えた。
巨人の彼は、ある隠者から、献身によって最高の王を見つけることができると聞き、人々を背負って川の向こうへ運ぶ渡し守になった。
彼はそこで最も偉大な王に出会って仕えたいと願っていたのだ。

ある時、渡し守は子どもを背負った。巨人にとってはわけもない軽さのはずだった。
だが子どもがしだいに重くなり、彼を水の下にめり込ませたとき、この王の力と権威を知った。

子どもは幼子イエス・キリストだった。
この後彼は、クリストフォロス−キリストを担う者−という名を与えられた。
幼子イエスは彼に、彼の杖を地面に刺すように言った。杖は花咲く木になった。


その調和のとれた木では、リスが争いの言葉をあちこちに運ぶことはない。それは自我がキリストの担い手になった人の木だ。

すべての人は、自分の自我の木を植え、それをキリストの木に変える可能性を持っている。
創造は七日目に完了したのではない。私たちは新しい未来の創造のために生きている。
そして世界の終わりではなく、世界が新しい地球へと移行することについて語ることができるのだ。

------------------------

ユグドラシルについては、Yggは「私」であり、drasilは「担う」という言葉に語源を持つ、と言われていた。

真の「私」である永遠の自我がキリスト意識であるなら、「キリストを担う者」という巨人クリストフォロスの名は、そのまま巨樹ユグドラシルの名だということになる。何だかゾクゾクするような感覚だ。

人間が宇宙的存在としての本来の姿に還る時、それは宇宙樹の姿と重なる。
伝説の深みに降りると、そこにはまだ人類共通の言葉が生きている。
新しい地球への移行を語るには、この共通言語が必要なのだと思う。
  
posted by Sachiko at 22:02 | Comment(0) | ウルスラ・ブルクハルト
2020年01月23日

言葉の源泉

ウルスラ・ブルクハルト「Das Märchen und die Zwölf Sinne des Menschen(メルヒェンと人間の12感覚)」より。

------------------------

天使からのメッセージを小さくしたものがメルヒェンである。それは天使が与えるもののように大きくないが、その反映である。
それは天使の言葉で語られ、イメージやシンボルの像によって夢のように自らを表現する。

すべての宗教の創始者や人類の偉大な教師はみな、このイメージ言語で語った。その言葉は幼い子どもでも賢い老人でも、誰もが理解することができた。
そのことは古い伝承が語るように、人々の共通の言語を思い起こさせる。

聖書によればこの言語は、人間が傲慢になり、天に届く塔を建てることで神の影響圏に侵入したいと思った時代に使われていた。
その共通言語の崩壊は、分離、誤解、戦いの始まりとなった。

天使の翼が川の架け橋になるように、象徴言語もまた、わかり合うことを望む異なる言語を繋ぐ。

-----------------------

神話やメルヒェンは、象徴言語で語られている。
多くの民族の神話は似通っており、よく似たおとぎ話が世界中に存在する。それは共通の源から汲まれた言葉だったのだ。

この共通言語は、言葉が単なるコミュニケーションツールと考えられるようになった現代に共通言語と言われているもの(例えば英語)とは意味が違う。
魂のはるかな深奥にある共通の泉にたどり着くなら、そこは分離のない人類のふるさとだとわかるだろう。

古い時代、コミュニティには共同の泉や井戸があった。
そのように、メルヒェンは人類共同の泉の周りで語られた壮大な井戸端会議だと考えると楽しい。
  
posted by Sachiko at 22:08 | Comment(0) | ウルスラ・ブルクハルト
2020年01月19日

橋を架ける話

ウルスラ・ブルクハルトの「Das Märchen und die Zwölf Sinne des Menschen(メルヒェンと人間の12感覚)」の中で、このような中東のおとぎ話について紹介されている。

------------------------

「・・新しく創造された地球の上で、人々は川と渓谷によって分断されていることに苦しんでいました。

人々は互いに知り合い理解しあうために集まりたかったのですが、その方法を知りませんでした。

そこに大きな天使が現われて片方の翼を川の上に置き、橋が何であるかをイメージで示しました。」

天使は人間に「橋を造れ」と指示することができなかった。誰も橋とは何かを知らなかったから。
天使は彼らにイメージ像の中で新しい考えを与え、それは人々にとって内なる考えとなった。

その考えから彼らは最初の橋を造ることができた。人々はイメージを理解し、それを行為によって現実のものとした。

天使は天の使い、人類の教師で、夢や物語を通して、彼らは捜し求めている人々に答えと洞察をもたらした。
天使たちは、別々に分かれた世界、天と地、神と人間、人間の中の意識と無意識を結びつけ、人類の善のために働く。

------------------------

以前から、着想というものはどこから来るのか?と思っていたが、この話はそこに光を当ててくれるようだ。
人間の内なる考えに先立って、高次存在からイメージ像がやってくる。人間が地上で現実化したものは、すでに別次元にイメージとして存在した。

天使が翼を川の上に置く、このイメージはとても美しい。
古いメルヒェンはこのようなイメージ言語で語られていて、人々がイメージ像をそのまま内なる考えとして理解することができた時代があった。

幾つものメルヒェンや伝説の中で繰り返し現れる象徴がある。
森の中で道に迷う、三つの宝、たくさんの男の子のあとに生まれる女の子、賢い末っ子、魔法にかけられて動物の姿になる、雪の上に落ちた三滴の赤い血.....etc.

現代人はもうこれらのイメージ像をそのままでは理解できない。幼い子どもはできるらしいが、現代の子どもたちの環境は、イメージを内的に体験する間もなく、大人社会の「現実」への適応を強要されているように思える。

こうして分断は続く。だが“イメージ”は今も、あちらとこちらを繋ぐ橋なのだ。
橋を架ける場所は、各自の内側深いところにある。それが天使の翼なら、安心して渡れる気がする。
   
posted by Sachiko at 22:08 | Comment(0) | ウルスラ・ブルクハルト
2020年01月12日

根っこ小人の冬の歌

ウルスラ・ブルクハルト「Elementarwesen - Bild und Wirklichkeit(元素霊 ― イメージと現実)」より。

------------------------

 根っこ小人の冬の歌(Winterlied der Wurzelmännchen)

 太陽のはたらきのもと
 ひそやかに そっと
 大地の下にはもう
 あたらしい春のすがたが

 我らはゆるやかに
 拡げ 解きはなち
 芽吹きの時をととのえ
 まことの音色に聴き入る

 星々の響きとともに
 我らがかたち作る力は
 正しい道をもたらす
 神の永遠の玉座から

------------------------

ウルスラ・ブルクハルトの「元素霊―イメージと現実」の各章のあいだには短い詩が挿まれている。これはそのひとつ。

「根っこ」は北海道弁かも知れないと思ったけれど、このほうが「根小人」より語呂がいいので....

根を司るのはノームの仲間たちだ。
何もかも眠ってしまったような冬のあいだも、大地の下では次の春が用意されている。

寒冷地では、冬に地上部が枯れてしまい、根だけになって越冬する植物が多い。そうして幾つもの冬を超えて生き続ける。
種を更新する前に雪が降ってしまったり、積雪によって春の発芽が遅れるような地域では効率的な方法だ。

深く積もった雪と、空には煌めく冬の星々。その下でそっと働いている根のノームたちに思いを馳せたかったのだが、今年の大地は眠りが浅い....
  
posted by Sachiko at 22:27 | Comment(2) | ウルスラ・ブルクハルト
2020年01月09日

パラダイスの木

ウルスラ・ブルクハルト「Das Märchen und die Zwölf Sinne des Menschen(メルヒェンと人間の12感覚)」より。

------------------------

創世記にまつわる伝説の中で、すべての人々に前進する力を与える別の木のことが語られている。

アダムとイブの末息子のセス(セツまたはセトと表記されることもある)は、楽園の知恵の木と生命の木の樹冠がともに成長した姿を見ることができた。

大天使ミカエルはこの木から3つの種を彼に与えた。父アダムが死んだ時にセスが墓に種を埋めると、燃えるような繁みになった。そこから切り取った木片は、また新しく芽を出して花や果実が常に育っていった。

楽園の繁みの木からは、モーセの杖とソロモンの神殿の門が作られた。その木はベテスダの池に癒しの力を与え、キリストの十字架も楽園の繁みの木で作られた。

すべての人が自我の木を植えて世話をする必要がある。
それは困難な仕事であるが、楽園の繁みを思い出すために善いことだ。そして人は自分の木にふさわしい大きさを見出すだろう。

------------------------

前回、宇宙樹ユグドラシルは人間の永遠の自我の担い手であるという話があった。
すべての人が植えて育てるべき自我の木は、楽園の思い出につながっている。このことが呼び起こす感情を、しばらく響かせてみよう。

自分の木と、それを育てる困難な仕事...、自我の木の根元では運命が紡がれている。そこからこの言葉を思い出した。

「自分の十字架を背負って、私についてきなさい」(マルコ福音書8-34)

キリストの十字架が何の木かという話はあちこちの伝説にあるが、もちろんここで言われているのはその種の話ではない。

十字架(地上の歴史的な意味ではなく、宇宙的な意味で)が楽園の木でできているのなら、マルコ伝の言葉も、一般のキリスト教会の解釈とはいくらか違った光のもとに見えてくる。

木という象徴は、どこか深いところで融け合うように人と親和する。この章の木の話は、まだもう少し続く...
   
posted by Sachiko at 22:07 | Comment(2) | ウルスラ・ブルクハルト