2021年08月03日

ニゲラ(クロタネソウ)

秋にすこしばかり種を蒔いたニゲラの花、別名love in a mist(霧の中の愛)と呼ばれる。

nigella1.jpg

この名前は、以前紹介した絵本「CARRIE HEPPLE'S GARDEN(カーリーおばさんのふしぎなにわ)」の中に出てくる。
繊細な緑色の葉のあいだで、青い花が霧の中に浮かんでいるように見えるのだ。

carrie3.jpg

この繊細な花が実になると、たくさんのツノが生えたような姿になり、今度はdevil in a bush(繁みの悪魔)という恐ろしげな別名を持つようになる。

nigella2.jpg

ふくらんだ莢の中には、名前の通り黒い種が入っている。

nigella3.jpg

霧のように見えるほど群生させたいけれど、スペースがない。
でも秋になったらまた今年採れた種を蒔いてみよう。
  
posted by Sachiko at 22:09 | Comment(2) |
2021年04月20日

つぼみの季節

今日は、今年最初のモンシロチョウと、小さなハナアブを見た。

冬のあいだどうしていたのだろう?と思う生きものたちが、春には確実に帰ってくる。

雪の下で眠っていた花たちも新梢を伸ばしはじめる。
新芽がふくらんでからつぼみが付くまではあっという間だ。


チューリップと遅咲きの水仙のつぼみ

bud3.jpg

ライラックとブラックカラントのつぼみ

bud2.jpg

ハスカップとグースベリーのつぼみ

bud1.jpg


あるところにこんな、ある意味怖い話があった。
未来においては、道徳的な人が住んでいる家は生命力が豊かになり、その家にどういう花が咲いているかで、住人の道徳性が見分けられるようになる、と。(◎_◎;

そもそも未来には、その人間のすべては透けて見え、現在のようにごまかしが効かなくなるらしいのだ。
せめてこまめに庭の手入れをすることにしよう(-_-;

フィンドホーンの花や野菜があんなにも大きくて生き生きとしていたのは、未来を先取りしていたのか?
単に土壌の質とかいう話ではないだろう。元々が農業に適さない砂地だったのだから。


開花予想によれば、明日あたり桜が咲くことになっている。
花々がいっせいに咲く少し前のつぼみの季節、これもまた、短くも美しいひとときだ。
   
posted by Sachiko at 22:51 | Comment(2) |
2020年11月24日

バラの眠り

今朝はうっすらと雪が積もっていた。
これくらいの雪は、すぐに融けてしまうだろう。
冬囲いを終えて、バラたちは眠りについた。

wara.jpg


これはリルケの墓碑銘になっているという、薔薇の詩。


  薔薇 おお 純粋な矛盾

  よろこびよ
      
  このようにおびただしい瞼の奥で

  なにびとの眠りでもないという            

           (富士川英郎訳)

この詩人はバラのトゲを刺して死んだと言われている。
(実際には、バラのトゲを刺したのが元で破傷風になったとか。)


枝が細目のバラはこうして囲っておくが、何年も経ってがっしりした大株になったものは、雪の重さにも耐えるので冬囲いをしなくても大丈夫だ。

今週の予報は雪だるまマークが並んでいるけれど、まだ根雪にはなりそうもない。
例年ならクリスマス市場が始まる季節、今年はそれも中止になった。

そんな騒ぎなどよりはるかに大きな自然界の法則のもと、バラは眠り、雪は降る。
来週からアドベント♪
  
posted by Sachiko at 22:24 | Comment(0) |
2020年11月03日

最後の花たち

チューリップの球根を植え終わり、今年も花の季節が終わる。
幾つかの青い花たちが、まだ咲き残っている。

サルビア・パテンスとコバルトセージ
サルビア属は秋遅くまで咲く

blue1.jpg

blue3.jpg

初夏から秋まで咲くゲラニウム

blue6.jpg

返り咲きのデルフィニウムと、やはり返り咲きのラベンダー

blue2.jpg

blue4.jpg

毎年一番遅くまで咲いているカラミンサ
気温が下がると白い花が紫がかってくる

blue5.jpg

ナスタチウムはやはり秋の花だった
大株に育って、まだ次々とつぼみをつけている

nasturtium2.jpg


一気に気温が下がり、夜半から雪になるらしい。
朝の庭はまったく違う景色になっているかもしれない。
  
posted by Sachiko at 21:52 | Comment(8) |
2020年10月19日

アナベルのドライフラワー

アナベルは、咲きはじめの淡い緑色が美しく、咲き切ると真っ白になり、枯れてくると再び緑色になる。

白く咲いているときはまだ水分が多いので、うまくドライにならず萎れてしまう。
ドライフラワーにするには、枯れて緑色になった頃がいい。

annabelledry.jpg

こうして、アナベルは長く楽しめる。
秋には、枯れてなお美しいものたちが、澄んで淡くなった光を浴びている。

窓から見える山もすっかり紅葉になり、先日は初冠雪が観測された。
もうチューリップの球根を植え付ける時期になり、気がつけばフワフワと雪虫が飛んでいる。
  
posted by Sachiko at 22:07 | Comment(2) |