2019年07月22日

星の時間

ある種の小さな昆虫の中には、寿命がわずか1、2日というものがいる。羽化して、出会い、卵を産んで果てる。

今は医療技術などによってずいぶん長くなっているが、人間の元々の寿命は70〜72歳だそうだ。(日本で健康寿命の平均と言われているのがこのくらい)

プラトンの宇宙年と呼ばれる、地球の歳差運動により春分点が黄道上を一周する時間---約26000年、これを365で割ったものが人間の寿命だという。

人間の一生は、宇宙の1日。
小さな虫の一生は、人間の1日...

宇宙時間から見ると、小さな昆虫と同じようなわずか1日〜1日半くらいのあいだに人生というものがあって、いろいろなことが起こっているわけだ。

人間は便宜上、あらゆる時間を地球人間界を基準に計っている。
1年が365日というのも地球基準で、他の惑星ならまた違う時間になる。

さらに、太陽が銀河系の中心を回る周期がある。これも銀河系時間で、銀河系の倍の直径があるアンドロメダ銀河では、星々はまた違う周期を持つ。

全宇宙の共通時間というものはあるだろうか。何かの原子を基準にした時間など....?
いずれにしても、こうした計測できる時間は外的な時間だ。
それぞれの内的な時間には、それ自身の生命の横溢があるだろう。

ミヒャエル・エンデの「モモ」で、時間の国のマイスター・ホラの家には数えきれないほどの時計があり、それぞれ違った時間をさして、別々の音が絶えず鳴っていた。
けれどそれらの音全体は、夏の森で聞こえてくるような、規則正しい気持ちのよい響きなのだった。

あの時計の群れは、小さな昆虫や人間、遥かな銀河まで、存在がそれ自身であるときに奏でる、内的な時間の壮大な響き合いなのではないか、と思った。
  
posted by Sachiko at 22:42 | Comment(0) | 宇宙
2019年05月18日

おとめ座の話

春はあまり夜空に目が向く季節ではない気もするが、今の時期は南の空に、おとめ座のα星スピカが輝いている。
そして今日は満月(正確には明日の朝6時頃。明日の夜より今夜のほうが満月に近い)。

白く輝くスピカは、いかにも清らかな印象を与える。
おとめ座のかたちは、女神が横たわっている姿で、スピカは手に持った麦の穂の位置にあたる。

昔どこかで聞いたのはこんな話だった。
遥か昔、まだ人間と神々は地上で共に平和に暮らしていた。しだいに人間が欲望をつのらせ、地上が荒れていったために、神々はひとりずつ天に帰っていった。
純潔の女神アストライアが最後まで地上に残っていたが、やがて彼女も天に上っておとめ座になった....

一般には、星図に描かれているおとめ座は、豊穣の女神デーメーテールだと言われている。

おとめ座といえばもうひとつ、近隣の銀河が集まったおとめ座銀河団、そして幾つかの銀河団がまとまった更に大きなおとめ座超銀河団を思い起こす。

地球がある銀河系は、おとめ座超銀河団の端にある。
言葉としては理解できるのだが、このくらいのスケールになると、もう大きさのイメージがついて行かない。
いったい宇宙はどんなことになっているのか、それらはほんとうにあるのか....?

豊穣の女神の話に戻ると、デーメーテール(Demeter)の名は、世界一厳しいオーガニック基準と言われるドイツのデメター認証の名前にもなっている。
これはシュタイナーが提唱したバイオダイナミック農法に基づくもので、デメター認証のコスメは日本でも手に入るが、食品は難しい。

一時、デメター認証のスペルト小麦粉が手に入ったことがあり、ほんとうにおいしかったのだが、輸入業者が取り扱いをやめたようで、今では幻になってしまった。
…少し話が逸れた。麦の穂はスピカに戻そう。
  
posted by Sachiko at 22:08 | Comment(4) | 宇宙
2019年04月26日

“あいだ”の話

ある時ふと、“空間”ってなんだろう、と考えていた。
地球上では、空間に見える場所も空気や水蒸気で埋まっているが、宇宙空間には何もない。

では空間とは何?広がり、距離....
物体はあちらとこちらに分かれているが、空間はひとつだ。
もしも自分の意識を空間の側に置いたら?

意識が地球上にある場合は、他の星までは遠い距離があると思う。
でも“空間”が私なら?地球も他の星々も、同時に「ここ」にあるのだ。

空間をなくしていくと、物質はすさまじい高密度に圧縮され、ブラックホールになる。近年(といっても宇宙規模の時間)宇宙の中でブラックホールは増えているという。

天地創造というのは、物質を創ったのか、それとも個々の物質を分かつ「空間」を創ったのか。それらを同時に作り、同時に分けたのか?
天地創造の前半は、ひたすら分けている。
光と闇を分け、海と大地を分け....

言葉は人間より賢いというのは、きっとそうなのだ。
「時間」「空間」「人間」、どれも“間”がついている。

“間”に意識を置けるかどうかで、すべての見え方が違ってくる。

もしも右手と左手のあいだにある胴体が見えなかったとしたら、両方の手は分かれた別物に見えるだろう。対立し、戦うかもしれない。
左右の脳の“あいだ”の回路に損傷が起きると、右手と左手が相反する行動をしてしまう、という症例がある。

地上の二元世界に生きている人間は、この状態にあるように見える。
左右の手のように全体の中で対になっているものを離れた別物としか認識できずに、対立し、片方を排除しようとし、戦う。
光と闇、善と悪、正と邪、自と他....

それらの“あいだ”は、右でも左でもない中道とか、白でも黒でもない灰色といった、同じ平面上の中間地点のことではない。
地上で、昼でも夜でもない黄昏時に立つのではなく、宇宙空間から地球を見る感覚だ。

昼と夜は、そして北半球の冬と南半球の夏も、地球の全体性として同時に存在する。

やはり古い真実が収まりがいい。
色即是空 空即是色.....
  
posted by Sachiko at 21:58 | Comment(2) | 宇宙
2019年03月03日

細い月と金星

今日の夜明け前、南東の空に、細いデクレセントムーンと金星が大接近していた。土星と木星も並んでいる。

getsukin.gif

月は、昨日は土星の近くにいたはずだが、曇っていて見えなかった。

細い月と金星の取り合わせは特に美しい。
月齢26、明日はもう太陽に近すぎて見えないだろう。
夜明けが早くなり、夜明け前の星々を見るのが難しくなってきた。

と言ってもいつも夜明け前に起きているわけではない。こういう天空のイベントがある時だけだ。

季節のイベントでは、今日はひな祭り♪
余っていた道明寺粉を使い切ろうとして、桜餅を作りすぎた...^^;

hina.jpg
 
posted by Sachiko at 21:43 | Comment(2) | 宇宙
2019年02月19日

金星と土星大接近

今の時期、夜明け前の空で、金星と土星がすぐ近くに並んでいる。
一番接近するのが今日19日だったのだが、うっすらと雲がかかっていて、金星と木星しか見えなかった(;_;)。

kindo.gif

天王星が発見される以前の時代、土星が太陽系で最遠の惑星で、中世の錬金術では、太陽と月を合わせた7つの惑星が聖なる存在だった。

金星に照応する樹木は白樺だが、土星はブナだ。金属なら、金星は銅、土星は鉛と照応している。

これらのことを、中世の錬金術師は知っていた。おそらくはもっと古くからあった智恵だろう。惑星との関わりは、ケルトの樹木暦にも書かれている。

日本の北限のブナ林は北海道にあり、以前訪ねたことがある。
かつて人間は樹木や星々と親しかった。
今はあまりに遠く離れてしまったけれど、再び彼らとつながる時期が来ている気がする。


明日は満月の時刻が20日の真夜中過ぎなので、実質今夜の月がスーパームーンだが...今は曇っている。さっきまで、薄雲越しに何とか見えていたのだけれど。
晴れている地方では、今年最大というスーパームーンが見えるはずだ。
ちなみに月の金属は銀、樹木は桜だ。
 
posted by Sachiko at 23:01 | Comment(2) | 宇宙