2020年03月23日

フェルウェの妖精たち・2

『ZWERGE, GNOME UND FANTOME』(アニー・ヘルディング著)より。

----------------

妖精界は、人間の言葉や思考では簡単に理解できない、それ自体の法則に従っています。

小人は、妖精界の他の存在と同様、非物質的な存在であり、大地からの霊性の現れです。
それで名前も「地の精」あるいは「地の小人」と呼ばれます。

彼らは物質に対して力を持ち、例えば私たちが水に潜ることができるように、大地に潜ることができます。
木の幹や石の中を歩いたり、岩の中に姿を消すことができ、岩の物質性は障害にはなりません。

小人たちにとって、私たちのエネルギーは重く粗雑すぎるので、人間に近づきすぎることは好みません。
自然霊たちは私たちのオーラから影響を受け、その色に反応します。それは絶えず変化し、私たちの内面の感情や意思を反映するものにもなり得ます。

妖精界の存在たちは、望めば人間のような姿をとることができます。
小人たちの大移動のとき、彼らは旅行鞄のようなものや道具類を持っていましたが、衣服も含めて、それらは模倣されたイメージです。

小人たちのコミュニケーションは言語を通してではなく、テレパシーや表情、身振りによるものです。

-----------------

人間が水に潜るように、ノームたちが地に潜れるという話は、なんだかとても腑に落ちる。
単に、そういうことなのだ。
もしも気体の中だけを自由に動ける存在がいたとしたら、人間が水に入るのを見たら魔法のように見えるかもしれない。

シュタイナーの妖精論の中にも同じような話が出てくる。
『ノームにとって地球全体は、通り抜けることができる空洞なのです。岩石や金属は、ノームが歩き回るのを妨げはしません。』(「天使たち 妖精たち」より)

植物の根が大地の中に伸びるとき、その周りでノームたちが活動している。軟らかいミミズが硬い土の中を移動できるのも、土の中を旅するノームたちがいるからだ、と.....

物質界からだけでは、自然を理解できない。
ここでも何度も書いているけれど、自然霊とのつながりを回復することなしには、地球と人類の未来はない。
自然界が度々送ってくる警告は、火急のアラームなのだと思う。
  
posted by Sachiko at 22:36 | Comment(0) | 妖精
2020年03月21日

フェルウェの妖精たち

『ZWERGE, GNOME UND FANTOME』(アニー・ヘルディング著)より。

----------------

妖精界において、小人は特殊な位置づけにあります。
他のエルフたちは、繊細で優雅で軽やかな、女性的な自然霊ですが、小人はより地上的でこの世界に近い存在に見えます。

小人は通常、やや屈んだ格好で、老人のような長い髭と、形のいい鼻を持っています。
神秘的な存在の小人たちは、神々がまだ地上を歩いていた古い時代から人間と関わってきました。

小人たちは私たちを助けることができ、前夜には終わりそうもないように見えた仕事が、彼らの働きによって、翌朝には突然片付いていることなどが伝えられています。

自然霊たちは、動物にとってもリアルな存在です。
ある日私が森を散策していた時、痩せた小人が私といっしょに走っているのに気づきました。

猫もいっしょにいましたが、猫は明らかに小人をよく知っていて、彼らが初めて会ったのでないことは、その反応からすぐにわかりました。
彼らは互いの周りを回りあってたわむれながら、私について来ました。

-----------------

小人たちが仕事を助けてくれるなど、古いおとぎ話のような話だけれど、きっとおとぎ話のほうが体験に基づいていたのだ。

ところで妖精や小人たちの名前は、日本語に訳しにくい。
本の中ではいろいろな呼び名が書かれている。
Erdmännchen、Zwerg、Gnome、Kobold、Wichtel....
日本語ではどれも「小人」だ。

ちなみに白雪姫の小人は“Zwerg”だが、ルンペルシュティルツヒェンの小人は文字通りMännchenとかMännlein(小さい人)と書かれている。

ずっと昔、日本のどこかの民間伝承で、「こぼると様」という存在を崇めている話を聞いたことがある。
コーボルトはオランダ起源なので、オランダ貿易の時代に文化が紛れ込んできたのかもしれないが、調べてもわからない。もう消えてしまったのだろうか。

いずれにしても、ドワーフそのもの、ノームそのものを表わす日本語はないのが悩ましいところなのだ。
   
posted by Sachiko at 22:13 | Comment(4) | 妖精
2020年03月14日

小人たちの旅・2

『ZWERGE, GNOME UND FANTOME』(アニー・ヘルディング著)より。

----------------

うぬぼれた人々は、証明されていないものや未知のものなどを迷信として片付けてきましたが、今日では超自然的(つまり、証明不可能)な現象は、数十年前よりも敬意をもって扱われるようになりました。

フェルウェにおいては、そうした古い家族の言い伝えが新たによみがえるということが起こっています。
それらのロマンティックで秘密に満ちた話、祖父母が若かった頃の体験は、若い世代に引き継がれ、穏やかに語ることのできる物語として再び明るみに出てきています。

それぞれの家族には独自の体験談があり、日が短くなり夜が長くなるころに、暖炉のそばで語り継がれました。
それらは不思議で神秘に満ちた詩的な物語です。

フェルウェの人々はそうした秘密の物語を、すぐにはよそ者に明かさないため、私は少しずつ彼らの不安をやわらげ、信頼を得ていき、やがて彼らの物語を聞くという大きな特権を得ることができました。

----------------

そうしてアニー・ヘルディングは幾つかの物語を書き留め、自身の経験を加えていった。


小人たちが住処である土地を離れるときには常に理由がある、と書かれている。
小人たちの行列として知覚されたものは、もうひとつの世界に存在するものたちの、独特のエネルギーの動きだったのだろう。

たとえば、春になってシベリアに帰る白鳥の群れや、桜前線の北上といった目に見える現象の背後で、それらの現象を司る目に見えない存在たちがいっしょに旅していたとしてもまったく不思議ではない。

季節が移ろって行くとき、昼と夜が交代するとき、別の目が開けたなら、そこに自然霊たちの軽やかなダンスを見ることができるだろう。


そして、自然環境に変化が起きた土地から自然霊たちが去っていくという話は、アニー・ヘルディングだけでなく自然霊を知覚する複数の人々が同じように語っている。

あくまでも物質界だけを唯一の世界と信じる文明を突き進むのか、その背後の世界に敬意を払う文化に移行するのか、世界が大きな分岐点に来ていることを確かに感じる。
  
posted by Sachiko at 21:45 | Comment(0) | 妖精
2020年03月10日

小人たちの旅

『ZWERGE, GNOME UND FANTOME』(アニー・ヘルディング著)より。

----------------

オランダのフェルウェ地方の人々に、小人たち(ドワーフ)について尋ねると、彼らはイエスともノーとも言わずにゆっくりと頷きます。
けれどそうした話は、見知らぬ人に安易に明かされるべきではありません。

小人たちはあらゆる方向から集まり、来ては去っていきます。
彼らが特定の地域に留まっているかぎり、そう悪いことはありません。
でもデンマークやスウェーデン、ノルウェーに去っていく場合は、よくないことになります...

北フェルウェのこの地域で、少数の人々は小人たちの移動について知っていました。
小人たちが北へ大移動することは、農民たちによって目撃されていて、ほとんどの場合、知られた同じルートを通っていたことは、古い記録にも残されています。

少し後に私はそれを自分で経験することになります。
ここベルヴェデーレの森を通る小人たちの行列は、三日三晩続きました。
彼らは私たちの土地を横切り、果てしなく続くような列を作って、南西から北東に移動しました。

北フェルウェの人々は、超自然的な事柄について、通常よその人には話しません。
けれどフェルウェでも他の場所においても、そうした事柄について話すことへのためらいは変わってきているようです。

例えば、自分では小人を信じていなくても、子どもたちにはおとぎ話を読んであげた大人たちのように、合理的な頭の人々が肩をすくめたとしても、それらは再びそれ自身を確立してきています。

----------------

まるで民族大移動のような、小人たちの大移動!
おとぎ話の中に追いやられたはずの小人たちは、それを知る人々によって、安易には語られることなくそっと守られてきたのだろうか。

同じ自然界を共有しながら、人間とは別の次元に生きる存在たち。近年は次元を隔てる壁が薄くなり、彼らを知覚する人々が増えているという。
そして実際、自然霊たちを扱った自然哲学が、ひとつのジャンルとして確立しているようだ。(この分野の本は日本にはあまりなく、翻訳本もほとんど出ていない。)

この本にはアニー・ヘルディングによるスケッチや水彩画が多く掲載されている。
これはそのひとつ。
zwergezug.jpg
  
posted by Sachiko at 22:44 | Comment(0) | 妖精
2020年03月08日

アニー・ヘルディング

以前、「ヨドカス」(2019.10.7)や「ミツバチの思い出」(2019.10.13)などの記事で紹介したアニー・ヘルディングの本、『ZWERGE, GNOME UND FANTOME』

annie.jpg

この本はアマゾンでも取り扱いがなく、手に入れるのは無理だと思っていたけれど、大抵の古書は見つかるというAbebooksのマーケットプレイスで見つけて、ドイツの古書店から送ってもらった。

アニー・ヘルディング(1903―1988)についての紹介文によれば、彼女は子供の頃から自然界に関する霊視力があり、やがて知覚したものを言葉や絵で表現するようになった。

この本の初版は1979年で、当時はメディアにも多く取り上げられ、広く知られるようになったという。
没後20年を経て、彼女の作品は再び注目されて出版に至った(この本は2009年版)。

アニー・ヘルディングは、彼女の作品は見えない世界を見える色と形で表わすための不完全な試みだと言っていた。

彼女の作品の自然霊が、衣服や帽子など、物理的なかたちで詳細に描かれていることについては、地の精(ドワーフやノーム)の仲間は色や形や動きによって物質界を模倣することが多く、瞬間ごとに様々な変化に富んだ色や形で現れるため、描かれた像はそうした一瞬をとらえたものにすぎない、と言っている。

自然霊を描いた人では、以前紹介したスラミス・ヴュルフィンクも同年代(1901―1976)で、ウルスラ・ブルクハルトは1930年生まれと、20世紀前半の西欧において、生まれつきの霊視力とそれを描写する力を持った女性たちがいたことは興味深い。

この本の中では、様々な場所での自然霊との出会いが、多くの絵とともに書かれている。
手元にこの種の本が増えすぎてしまったが、これもまた少しずつ紹介していこうと思う。
  
posted by Sachiko at 22:44 | Comment(0) | 妖精