2019年12月06日

自然霊と友だちになるために・4

「NATURE BEINGS」(Margot Ruis著)から。

---------------------------

水の精に会いたいなら、まず彼らが住んでいるエレメントと波長を合わせるのがよいでしょう。水の音と調和した瞑想が役に立ちます。

私たちは水から多くを学ぶことができます。
小川や滝は、何ものにも執着しません。必要なときに必要なすべてが来ることを信頼しているのです。

水は、どこにいようと完全にそこに存在します。
滝の中にいるときには源泉のことを考えたりせず、川でどうなるかを思い煩うこともなく、ただ純粋に滝であり続けます。
知らない場所に流れ落ちるときも、ゆだねて信頼しきっています。

水はどんな形にも固着せず、どんな形にもなります。
水差しの中では水差しの形、グラスの中ではグラスの形、そして小川では地形が促すとおりに次々と形を変えながら流れます。

水は自由に形を変え、柔軟で、まさにそのために損傷を受けることがありません。水を打ち砕こうとしても意味がなく、水は打撃を回避して元に戻ります。

とても柔らかいけれど極めて強いエレメントであり、限りない忍耐力を持っているので常に勝利します。岩は抵抗することができず、しまいには砂になります。

あなたが水のように柔らかいときには、あなたの道にある石の硬さを感じないでしょう。あなたは水のように、いともたやすく自然にそれらの周りを流れてゆくのです。

もし今私たちが困難な状況にある場合、くり返し水に耳を傾けて水と共に流れてゆくなら、水から学ぶことがたくさんあります。

-------------------------

「水は方円の器に随う」
このことわざは世界共通なのだろうか。
ここまではまだ水の精たちは出てこないけれど、水という存在についてあらためて意識を向けると深いものがある。
まさに、人間は水に同調することで多くを学べる。

岩は一時的に強いかもしれないがやがて砕ける。水は傷つかない。なるほど....
水の在りようとそのイメージから、しだいに水の精たちが姿を現すのを待ってみよう。

水はいのちの源であり、地球は水の星だ。
柔らかで強い水の精たちが女性の姿をとることも頷ける。
  
posted by Sachiko at 22:26 | Comment(0) | 妖精
2019年11月28日

自然霊と友だちになるために・3

「NATURE BEINGS」(Margot Ruis著)から。

---------------------------

自然霊たちを感覚的に知覚することができなくても、静かな言葉で彼らに何かを伝えたり尋ねたりすることができます。

そのために木のエルフを選ぶとよいでしょう。彼らは、そこであなたの話を聞いてくれていると確信できます。
ディーバがあなたを連れていってくれた木を抱きしめるとき、深く感動的な体験ができるでしょう。

信頼して心を開き彼らが差し出すものを受けとるなら、ディーバの贈りものは、強さ、慰め、愛、癒しをもたらします。
もしあなたの心が傷ついていて、人々の間では防御を解けないでいる場合も、ここでは失望することなく安心していられます。

木のエルフたちとの友情を通して、あなたはもう一度あなた自身と他の人々への信頼を学ぶことができます。彼らはあなたが愛すべき存在であることを教えてくれるのです。

-------------------------

エルフたちを“見る”ことができなかったとしても、コミュニケーションをとることはできるのだ。

惹かれる木のそばに立ったときの心地よさは、単に物質次元のものだけではない。
できるならこの世界から一歩奥に分け入った場所で、木と話をすることをほんとうに試みる機会をもっと持ちたいと思う。

木々は、人間同士の関わりも彼らと結ぶ友情のように純粋なものになることを望んでいるのだろう。
そうすれば、世界は人間にとっても木々にとっても心地よい住処になる。


なお、ある種の木々はとても強いオーラを持っているので、特に敏感で繊細な人々には警告が出されている。
強すぎるエネルギーを浴びてしまった場合は、足の裏から地中に根を伸ばすような感覚で、余剰エネルギーを地球に流して取り除いてもらう。

「木とその場所のエネルギーは、あなたに合っていなくてはなりません。」


私はめったに南へは行かないけれど、個人的に南方系の照葉樹などは私にはよそよそしく感じる。
柔らかなシラカバや、エルム、リンデンなど光に透けるような葉が好ましく、冬には雪を載せた針葉樹の香りが清々しい。
木においても、やはり「身土不二」なのだ。
  
posted by Sachiko at 21:21 | Comment(0) | 妖精
2019年11月26日

自然霊と友だちになるために・2

「NATURE BEINGS」(Margot Ruis著)から。

---------------------------

森のエルフはこのように言いました。
「人間はいつもあれこれ考えすぎています。ただ私たちと共にいることで、道は見つかるでしょう。私たちに会う前に思考を浄化しなくてはいけません。」

私たちの内側にある沈黙の空間を訪れてみましょう。その空間はあなたに見出されるのを待っています。
木のディーバや水の精たちと接触しようとする試みは、その空間に到達することを助けます。

そしてさらに、内なる静寂に至ることは、エルフたちと接触できるようになることとは別に、あなたにとって真の祝福に達することの助けになります。

内なる静けさの空間で、あなたは平和と静寂、調和、拡大した意識を体験します。そして、欲望や心配、怒りや恐れから自由になるでしょう。

そうして通常の意識に戻るたびに、あなたはそこから平和の波動を呼び出して、日常生活に統合することができるのです。

---------------------------

内なる静寂の空間....
それがどんなに価値あるものか、忙しい現代生活では気付かれないことが多い。

文字の背後の行間が沈黙の内に文字よりも多くを語るように、内側の静寂は、外側から何を得るよりも幸福に近い場所なのだろうと思う。

静寂の空間は、自然霊たちに出会う場所への通路であり、自分自身を見出す道でもあるらしい。
つまり、ほんとうの自分自身と妖精たちとは、そう遠く離れた存在ではなかったのだ。
  
posted by Sachiko at 22:23 | Comment(2) | 妖精
2019年11月22日

自然霊と友だちになるために・1

「NATURE BEINGS」(Margot Ruis著)から。

---------------------------

初心者は庭や森の木から始めるのがよいでしょう。
ひとりで、あるいは志を同じくする人々とともに。
あなたがしようとすることに共感しない人と一緒では、ディーバとのコンタクトはできません。

瞑想の中や、それに似た静かな意識のときに、彼らと近づく可能性が高いことに気づくでしょう。
穏やかで平和な気分で、絶え間なく廻る思考を沈黙させ、感情のジェットコースターもオフにした状態です。

彼らに近づく前には、私たちの思考や感情に充分気をつけておくことが大切です。それらの強いエネルギーを、エルフたちはその精妙な体で直接拾い上げることを知っておきましょう。

彼らを引きつけるか、追い払うかは、あなたのオーラによります。

---------------------------

自然界の精妙な存在たちとコンタクトをとるには、それにふさわしい繊細な注意深さが必要、ということだ。
自分の中の騒がしさを鎮め、自然界の存在に耳を傾ける...
その時にかすかに感じるものが、彼らとつながるための糸口になるのだと思う。


ある時、遠出した帰りに森林浴をしようということになり、山道を探して登って行ったことがある。
...が、この森は何か違う、どうもあまりいい感じがしない。

道の途中には作業小屋のような建物があり、重機が置かれ、資材が散らばっていたが、人はいなかった。
周りの木々からは、生き生きとした感じが伝わってこない。

ここの木たちはあまり楽しく生きていない気がした。
まったく森林浴の気分にならないので、早々に引き返してしまった。伐採するためだけの人工林だったのだろうか。


木の気分は、感じとることができる。
森へ行くのが難しければ、庭や近くの公園で、惹かれる木をみつけて時間をかけてコンタクトを試みるのがいいかもしれない。木の時間はとても長いのだから。

そうしていつか、木のディーバがその姿を現してくれたら素敵なことだ。
  
posted by Sachiko at 22:25 | Comment(0) | 妖精
2019年10月17日

自然災害と元素霊・4

『Lord of the Elements』(Bastiaan Baan著)から。

"NATURAL DISASTERS"(自然災害)というこの本の中の短い章は、次のような文章で終わっている。

-----------

自然霊たち相互のはたらきは、大きな全体において明らかな調和をもたらす。自然を育み維持するすべての自然霊たちは、高次存在によって導かれながら、全体の中でそれぞれ意味のある持ち場についている。
彼らはより大きな全体に奉仕するかたちで結びついているのだ。

日常と異なる目で自然を見る人は誰でも、ごく単純な植物の観察においてさえ、最も素晴らしい経験をすることができる。

それは、修練を積んだ霊視者にとっても技術のいることだ。
あらゆる方向から迫ってくる多様な形態と存在の中でしっかりと立ち、揺るがずにいなければならない。

適切な準備をせずにこの領域に入ると、この世界で自分自身を見失う危険がある。

---------


自然霊たちの存在とそれぞれの役割、全体の中での働きと調和...
このつながりの中には、かつて人間も加わっていたはずだ。

この章で、インドネシアの津波と薪小屋のエピソードのほかには、具体的な災害の例は書かれていない。

フィンドホーンの創設メンバーであるドロシー・マクレーンがコンタクトした大気のディーバはこのように言っていた。

「嵐の精霊を支配する私たちは今、すこし荒れています。天候はひどく人間に影響されています。
あなた方は地球を取りまく空気を、何も考えずに汚染しています。そして大気のバランスを崩し、破壊的な強風の通路を作っています。
私たちが司っている自然の力は、自然の法則に従っています。人間が介入してこの自然の法則を犯すと、必ずその影響が現われます。」

ドロシーが自然のディーバたちとのコンタクトを始めたのは、もう半世紀も前のことだ。

近年の気候のバランスの崩れは、ディーバたちがますます荒れているからなのか、それともこの本で書かれていたように、本来そこで働くはずの自然霊たちが去ってしまい、そのあとに混沌を作り出す奇妙な霊が入り込んでしまったのか....

相変わらず、このような話は非科学的と言われ、おとぎ話扱いされるかもしれないが....
多くの人が忘れてしまったとしても、人間は自然の一部であり、大気圏は人間の魂の在りようを映している。
   
posted by Sachiko at 22:35 | Comment(0) | 妖精