2020年06月30日

「ルピナスさん」

「ルピナスさん」(バーバラ・クーニー作・絵)

lupinus1.jpg

---------------

ルピナスさんは、小さいアリスの大おばさんで、丘の上に住んでいます。
ルピナスさんも同じアリスという名前で、アリスのおじいさんは大きな船でアメリカに渡ってきたのです。

アリスは、自分も大きくなったら遠い国に行って、それから海辺の町に住むと言いました。
おじいさんはアリスに言いました。

「もうひとつしなくてはならないことがあるぞ。
世の中を、もっと美しくするために、なにかしてもらいたいのだよ。」

アリスはそうすると約束しました。

大きくなってミス・ランフィアスと呼ばれるようになったアリスは、遠い国々を旅しましたが、あるとき背中を傷めてしまい、旅をおしまいにして海辺の家に落ちつきました。

「世の中をもっと美しくしなくてはならないわね」

あるとき、丘のむこうにルピナスの花が咲き乱れているのを見ました。庭から、風で種が運ばれていったのです。

それからミス・ランフィアスは、たくさんのルピナスの種を村のあちこちにまいて歩きました。
次の春、村じゅうがルピナスの花であふれました。

すっかり歳をとったミス・ランフィアスは、ルピナスさんと呼ばれるようになりました。
ルピナスさんは、小さいアリスに言いました。

「世の中をもっと美しくするために、なにかしなくては」

「いいわ」小さなアリスは約束しました。

---------------

美しい絵本にとって余計なことを先に言ってしまうと、ルピナスはマメ科でとても繫殖力が強い。野原や道端で野生化しているのをよく見かける。
実は危険外来種なので、そこらに種を蒔いてはいけない。

本題はそこではなく、「世の中をもっと美しくするために」という話だった。
人生における望みや課題は人それぞれだけれど、このひとつの約束は、実はすべての人が生まれるときに持ってきているものではないのだろうか。

自分が何をしにこの世にやってきたのか....現代社会のシステムは、そのようなことを考えさせないようにできているらしい。

でも時代は変わる。
子どもたちが早い時期に、それぞれの方法で世界をもっと美しくするという使命を持っていることを教わったなら、彼らは自分自身を誇らしく感じられることだろう。
そして、目に見えるかたちや見えないかたちで、世界を美しくすることができるだろう。

lupinus2.jpg
   
posted by Sachiko at 22:26 | Comment(4) | 絵本
2020年06月19日

「あおのじかん」

「あおのじかん」(イザベル・シムレール 文・絵)

blue.jpg

-----------------

おひさまが しずみ
よるが やってくるまでの ひととき
あたりは あおい いろに そまる
― それが あおの じかん

-----------------

このように始まり、それからたくさんの青い色の生きものが紹介される。

頭の羽根がぴんと立っているアオカケス。
青く冷たい空気の中では、ホッキョクグマも青く見える。

珍しい青い生きものたち。
コバルトヤドクガエル、フサホロホロチョウ、モルフォチョウ、ブルーレーサー(青い蛇)...

青い花たち。
ヤグルマギク、ホタルブクロ、ワスレナグサ、スミレ....

青い鳥たちや、海の中の青い生きもの。

夜の色はだんだん濃い青になっていく。
ぐんじょういろのイトトンボが、ルリハツタケにとまったら、あおのじかんは、そろそろおしまい。


日没後の青い時間、空気が青インクを溶かし込んだような青に染まる。
その青がしだいに濃くなっていくのを見るのが好きだった。
冬は特に、雪がすばらしく澄んだ青になる。

自然界に、たぶん青い生きものはそう多くない。
花も、他の色に比べて青い花は少ない。
それだけに、いっそう不思議に映る。

私ができるなら遭遇したいと思っているのは、魅惑的な青いキノコ、「ソライロタケ」だ。
(↓写真左上、『世界の美しいきのこ』パイ・インターナショナル刊より)

sorairo.jpg
  
posted by Sachiko at 22:20 | Comment(2) | 絵本
2020年04月18日

「百年の家」

「百年の家」(パトリック・ルイス作 ロベルト・インノチェンティ絵)
古い家が自らを語る物語。

house100.jpg

-----------------

「この家の扉の上の横板に、1656と記されているのが読めるだろう。それがこの家、つまり、この私がつくられた年だ・・」


このように、家は語りはじめる。

さまざまな家族の変遷を見たあと、家には誰も住まなくなり、やがて廃屋となった。

1900年、子どもたちがその古い家を見つけた。
家は修理され、5年後には、新しい住人が植えた果樹が育っていた。

1915年、家では結婚祝いが行われ、翌年、子どもが生まれた。

1918年、妻は夫を失った。第一次世界大戦終結。

1936年、小麦の刈り入れ。収穫量が少なかったら、戦いは負けだ。

1942年、家は、戦火で何もかもなくした人たちの、最後の避難所になった。
1944年、だれの戦争なのだろう?

1958年、街へ移り住む息子が家を去った。

1967年、母親の葬式。
心をなくした家は、露のない花のようなものだ。

1973年、いままでの暮らし方を継がない。それが新しい世代だ。
わたしはもう誰の家でもない。

1993年、わたしは独りのまま、うごけないのだ。

1999年、このうえないものは、どこヘ消えたのか?
なくなったもののほんとうの護り手は、日の光と、そして雨だ。


家と同じように、この物語も重厚だ。
古い時代には、そこで誕生と結婚と葬式が行われて、はじめて家はほんとうの家になる、と言われていた。

それなら現代人はもう、ほんものの家に住むことはできない。
あまりに複雑な社会の中で忙しくなりすぎた人々の代わりに、人生の節目のあらゆることは“業者”に任せなくてはならない。

家はそこに住んだ人々の思いを記憶に留めるという。
家や部屋を借りるときには、前の住人が幸せだったかどうかを確かめる必要がある、という話を聞いたことがある。
どちらにしても、今幸せに暮らしてあげることが、家にとっても喜びになるだろう。

他のあらゆる存在と同じように、家は生きていて、“誰か”なのだ。
古い家は自分の物語を語ることができる。
  
posted by Sachiko at 22:31 | Comment(0) | 絵本
2020年03月31日

「マーヤのやさいばたけ」

「マーヤのやさいばたけ」(レーナ・アンデルソン)

maja2.jpg

-----------------

雪が降っている窓の外を眺めながら、マーヤは思います。

 ふゆが おわって はるが きたら
 はたけで やさいを つくるんだ

何の種をまこうか、道具は何がいるかしら?
そしていよいよ種まきです.....

-----------------

赤紫のビーツ、パイにするとおいしいルバーブ、
友だちを呼んでハツカダイコンのパーティ....

ニンジン、エンドウ豆、キャベツにトマト、ほかにもたくさん。そして小さなハーブガーデン....

野菜たちが育った夏が終わり、秋にはナスタチウムが咲いている。

 おもいでは そっと ポケットに しまいましょう
 らいねん あたたかく なるひまで


マーヤは自分で育てた野菜の美しい色やかたちを愛で、料理して、友だちにふるまい、楽しむ。
そこには静かなほんとうの喜びがある。植物のいとなみとともに暮らすマーヤの傍には、自然なしあわせが満ちている。

ナスタチウムは北欧では秋の花なのか....
そういえばそうかも知れない。たしかに秋遅くまで咲いていた。

私も今年は小さな庭を少し改造してポタジェ(花と野菜の混植地)にしようと思っている。

majayasai.jpg
     
posted by Sachiko at 22:29 | Comment(0) | 絵本
2020年03月12日

「マーヤの植物だより」

「マーヤの植物だより」(レーナ・アンデルソン)

「マーヤ」シリーズの絵本は三冊あり、訳者によって、作者の名前がアンダーソンだったりアンデションだったりアンデルソンだったりする。
ここではスウェーデン名としてなじみのあるアンデルソンを採用。

maja1.jpg

たくさんの木や草や花やハーブとともに、マーヤはすばらしい時を過ごす。
トネリコの枝につるしたブランコに乗ったり、弟のペッレの誕生日にイチゴのケーキを作ったり、カシの木のてっぺんを別荘にして、ひみつの友だち(ドングリの妖精)と過ごしたり...

仲良しの友だちといっしょにラベンダーのサシェを作ったり、シダの葉の下で雨宿りしているトガリネズミに出会ったり、チャイブを刻んでオムレツに入れたり。

一日の終わりに、歯をみがいたあと、お気に入りの椅子でのんびりとスイカズラの香りを吸う時間、外はまだ明るい。

ひとつひとつの植物に、短い詩のような言葉が添えられている。

子どもが育つのに最もよい環境は田園だという。
自然が大好きな少女マーヤの、豊かでしあわせな植物ライフのお話。

hagoromo.jpg
  
posted by Sachiko at 21:29 | Comment(0) | 絵本