2020年10月26日

秋虹

例年のことながら10月の天気は不安定だ。
天気予報では今日は曇りのはずだったのに、しばらく晴れていたかと思えば突然雨が降り出し、また晴れたと思うと雨、目まぐるしく変わる。
こういう天気の時は虹を探しやすい。

akiniji.jpg

「秋虹」または「秋の虹」は、季語になっているらしい。
秋の淡くはかない虹を指すのだが、今日の虹は鮮やかなダブルレインボーだった。(外虹はうまく写真に写らなかった...)

昔何かの本に、虹を見たら「カルペ・ディエム」と唱えるとよい、と書かれていた。ラテン語で「一日を摘め」(この瞬間を大切に)という意味だそうだ。
虹は日常の中に入り込む天界からの贈りもののようで、見ると一瞬別次元に引き上げられる気がする。
  
posted by Sachiko at 22:09 | Comment(0) | 自然
2020年10月07日

草たちの秋

いつものことながら、10月の天気は不安定だ。
晴れていたかと思えば突然雨が降ったり、天気予報も当てにならない。

花も少なくなった中、何の変哲もない雑草が、思いがけず美しく紅葉していたりする。

この草はそこらじゅうにあるのだけれど、私はいまだに名前を知らない。

kusared.jpg

イヌタデの小さな赤い花。別名赤まんまと呼ばれ、ままごとのお供だった。

akamama.jpg

種がはじけた後のゲンノショウコも赤くなるのだと気がついた。じっくり見たことがなかった。

genno.jpg

とても小さくて丸い、ノボロギクの綿毛。
この可愛らしい綿毛がボロのように見えるので、野ボロ菊という気の毒な名前になったとか。

watage.jpg

木々の紅葉の見頃にはまだ少し早いこの時期、気に留められることもない雑草たちが、つつましく着飾りながら秋を迎えている。
  
posted by Sachiko at 22:38 | Comment(2) | 自然
2020年09月20日

帰ってきたヒメアカタテハ

今年もヒメアカタテハが姿を見せた。
去年より一か月以上遅い。

himeaka2.jpg

himeaka3.jpg

世代交代しながら長い距離を渡る蝶で、ヨーロッパとアフリカ大陸のあいだを移動することが知られている。
旅の途中で生まれた次の世代は、自分たちがどこへ行くのかを知っている。

この継続性は謎とされているが....
動物は人間のように、各個体の中に自我を持っているのではない。(※ペットとして飼われている犬は、疑似自我のようなものを持つという。)
蝶はあのケシ粒のような小さな脳で考えて行動しているなどと思うと見誤る。

昆虫の自我は高次元にあって、種全体を見渡しながら個体の生態を司っている。言うところのディーバの領域だ。

アリやミツバチの生態が人間の知性をはるかに超えているように見えるのはそういうことなのだ。

そのヒメアカタテハのディーバが、一部の個体に「今年もあの庭に行くといいよ〜♪」と言ってくれたのなら嬉しい。
  
posted by Sachiko at 21:35 | Comment(2) | 自然
2020年08月27日

フタスジチョウ

今年の新顔、フタスジチョウ。

futasuji.jpg

日本には幾つかの亜種があり、これは正確に言えばフタスジチョウ北海道亜種だ。

フタスジチョウは北海道全域と、本州では高地でしか見られないそうで、いくつかの県ではすでに絶滅危惧種になっているという。

美しいものが次々と絶滅の危機....いったい人間は何をやっているのだろう。

発生の最盛期は6〜7月らしいが、すでに8月下旬。
夏の終わりのフタスジチョウ、小さな庭にようこそ♪

------------------------

〈月と樹のしらべ〉 https://fairyhillart.net

moontree1.jpg
  
posted by Sachiko at 21:12 | Comment(2) | 自然
2020年08月11日

ルリシジミ

数年ぶりに見たルリシジミ。
表翅はきれいな水色なのだが、裏はこのように白っぽい。
小型の蝶は動きが素早く、うまく写真を撮れなかった。

ruri.jpg

青い蝶といえば、南米のモルフォが代表格だ。モルフォのような華やかさはないけれど、この小さなルリシジミはいかにも清楚で美しい。

青い生きものは少ない。
以前、山林に近い場所で、青いグラデーションの小さなトカゲを見たことがある。調べたら、ニホントカゲの子どもは尻尾が青いそうだ。

一面の青があるところには神の力が働いているという。
その一片のように青い色を与えられている生きものは、地球生物界において、人の知らない密かな使命を持っているのではなかろうか、などと思う。
それが何か、背後にいるディーバたちは知っているのだろう.....
   
posted by Sachiko at 21:56 | Comment(2) | 自然