2021年08月30日

蝶のいのち

日曜日の午後遅く、小型の夏アゲハが葉っぱに止まったままになっていた。
一度だけ翅を広げ、また閉じて、何時間も動かない。
最期のときを迎えようとしているらしい。

ageha.jpg

同じ日、鱗粉が落ちて色褪せたウラギンスジヒョウモンもやってきた。同じところを繰り返し低く飛んでいて、弱っているのがわかる。

お別れを言いに来てくれたのか、しばらく私の周りをまとわりつくように飛んでいたが、ちょうどカメラがバッテリー切れを起こしてしまい、これは写真を撮れなかった。

今朝見ると、葉っぱの上に昨日のアゲハの姿はなかった。


シュタイナーの『天使たち 妖精たち』の中に、蝶が死ぬときについての記述がある。

-----------

蝶々が死ぬとき、蝶々の羽の粉は消えてなくなるように見えます。

蝶々の羽からこぼれ落ちるのは、最高に霊化された実質なのです。

蝶々の羽から飛び散る粉は、小さな彗星のように、地球の熱エーテルのなかに流れていきます

季節の経過のなかで、蝶々たちが死滅する時期になると、すべては内的にきらきらと輝きます。

この輝きのなかに、サラマンダーが入っていき、その輝きを受けとります。

そして、サラマンダーが蝶々の羽から運んだものが、宇宙空間に光を放ちます。

-----------

小さな蝶も、これほどに宇宙的な存在なのだ。

自然界の生きものたちは、何とみごとに逝くのだろう。
   
posted by Sachiko at 21:31 | Comment(0) | 自然
2021年08月24日

輪廻

この夏の猛暑で、冷涼地向きの花は夏を越せずに枯れてしまうのではないかと思っていた。

暑さも落ち着いてきて気がつけば、枯れたように見えた株元から新しい葉が育っている。

〈デルフィニウム〉

delphy.jpg

〈オリエンタルポピー〉

poppy4.jpg

ジギタリスのこぼれ種から生えた芽も大きくなってきて、幾つかは雪の下で越冬できるだろう。

digitalis2.jpg

地軸が絶妙に傾いているおかげて、地球には季節がある。
けれど四季がすべてそろっている地域はそう多くはなく、温帯から亜寒帯の一部だけだ。(個人的には、雪が積もらない地方の冬は冬と認めがたい。)

四季の移り変わりの中で、いのちが廻っていく様子を見ることができるのは貴重なことだ。

おなじみのウラギンスジヒョウモンは今年も姿を見せてくれたが、今回はうまく写真が撮れなかった。

uragin4.jpg

毎年やってくる蝶も、去年と同じ個体ではない。
ウラギンスジヒョウモンの食草はスミレ科なので、ひょっとしたら家の裏にあるスミレの下で越冬しているのかもしれない。

いのちあるものは、変容しながら自然界の時空を廻る。
小さな新芽も昆虫も、その壮大な美しさの一部を担っている。
   
posted by Sachiko at 21:47 | Comment(0) | 自然
2021年06月26日

多次元の時間

夜8時頃、西北西の低空に金星が見えている。
−3.9等級で最大光度ではないが、十分宵の明星を楽しめる。
金星の左上には火星がある。こちらでは8時の西空はまだ薄明るいのでこれは見えにくい。


今年も数種類の植物を種から育てている。
毎日観察すれば生長と変化を知ることができるが、見ているあいだに動いていくわけではない。

高速度撮影とか微速度撮影という技術を使えば、星の動きや植物の生長、昆虫の飛翔などを、人間が知覚できる速さに変換できる。

星や植物や昆虫(この組み合わせは、なぜか私の中ではセットになる)は、人間の日常とは別の時間軸にいる。
そしてそれらの異なる時間軸は、人間自身にも内在している。

朝起きてから寝るまでのあれこれは日常の時間で、忙しい日常の意識の元にある。
星空を見上げたり、飛翔する昆虫を見るとき、別の次元が入り込む。

そのことは意識に語りかけてくる。
そこで意識の次元を変換できなければ、星も草木も虫も、見えないまま通り過ぎてしまい、それどころか“非現実的な世界”とさえ思えるかもしれない。


星や草花や鳥や虫たちの世界は人間の一部であり、人間は彼らの世界の一部だ。
総合体としての自分が見えなくなったときの人間がどれほど愚かしくなるかは、昨今の人間界を見ればわかる。


今日も快晴、空を見上げると、大きな鳥が堂々と滑空しながら旋回し、遠くへ飛び去っていった。それ自身であることの、何という尊厳。

彼らの生きる多層次元を含まない、人間だけの社会の貧しさ。
そういえば街をさまよっていた迷子のシカは無事に山へ帰っただろうか。

※別次元の時間にいざなう、こんな本を買ってしまった...

moment.jpg
  
  
posted by Sachiko at 22:13 | Comment(2) | 自然
2021年06月18日

エゾシロチョウ

日本では北海道だけに生息するエゾシロチョウ。
しばらく前からかなり飛んでいたのだけれど、やっと写真を撮れた。

ezoshiro.jpg


モンシロチョウより大型で、鱗粉が少ないので翅に透明感がある。
年に一回、初夏にだけ羽化し、卵を産んで果てる。見られるのは今だけだ。

楚々とした風情の白い蝶だが、リンゴなどバラ科の木の葉を食草とし、大発生するので害虫扱いされているらしい。(うちの姫リンゴの葉を食い荒らしたのはコイツか...)

その姫リンゴの葉っぱに止まったところを写真に撮った。
ホシは現場に戻る.....
  
posted by Sachiko at 22:11 | Comment(2) | 自然
2021年06月05日

センス・オブ・ワンダー再び

このブログを始めた頃に、レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』について少し触れた。

実質50ページ足らずの小冊子の中に、人間と、人間が属している地球自然界との関わりについて必要なエッセンスがシンプルに書かれている。
このシンプルなことを、近代以降の文明はこれほど複雑にしてしまった。

「・・・残念なことに、わたしたちの多くは大人になるまえに澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直観力をにぶらせ、あるときはまったく失ってしまいます。

もしもわたしが、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力をもっているとしたら、世界じゅうの子どもに、生涯消えることのない「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見張る感性」を授けてほしいとたのむでしょう。

この感性は、やがて大人になるとやってくる倦怠と幻滅、わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること、つまらない人工的なものに夢中になることなどに対する、かわらぬ解毒剤になるのです。」(本文より)


センス・オブ・ワンダーは、一般の学校では教わらない。
一般社会においても、何ら有用な能力とは見なされない(むしろ逆だ)。

けれど、“大人になるとやってくる倦怠と幻滅”は、センス・オブ・ワンダーを持たないことによってやってくるのではないかと思う。
自然という源泉から遠ざかることは、自分自身の源泉から遠ざかることだ。

つまらない人工的なもの---レイチェル・カーソンの時代には、それは何を指していたのだろう。
この本が書かれた頃は、テレビはかろうじてあったが、コンピューターゲームもスマホももちろんなかった時代だ。

都市に住んでいたとしても、見上げれば空があり、風が木の枝を揺らすのを見ることはできる。
慌ただしく通り過ぎずに、注意深くもう一歩それらに寄り添うなら、そこに扉は開く。
それを難しいこと、価値のない無意味なことと見なしたりしなければ。


「地球の美しさについて深く思いをめぐらせる人は、生命の終わりの瞬間まで、生き生きとした精神力をたもちつづけることができるでしょう。」

地球自然界の神秘と美は、地球にいるあいだにしか見ることができない。
この地球に生まれてくることの意味は、センス・オブ・ワンダーによって、満たされ変容した魂を向こう側に持ち帰ることにあるような気がしている。
   
posted by Sachiko at 22:32 | Comment(2) | 自然