2019年08月28日

夢の中の時間

「《まるい時間》を生きる女、《まっすぐな時間》を生きる男」(ジェイ・グリフィス著)という本を読んでいる。

この日本語版タイトルは見事で、テーマの本質を突いている。
原題は「PIP PIP」という。これは原子時計が秒を刻むピッピッという音のことらしい。

中に、子どもの時間についての記述がある。

「子供たちは“いま”という時間、野生の時間、永遠に対する天性の鋭敏な感覚に恵まれているため、おとなたちはそれを飼いならす必要がある」


昔、友達とこんな話をしたことがあった。
たまに、子どもの頃の友だちが夢に出てくることがあるが、夢の中の彼らは子どもの姿のままだ...
すると、こう訊かれた。
「で、自分は?」

え?自分はどうだろう。
「そういえば…自分はわからない」と答えた。
その夢の中で、私も昔の姿なのか、大人の私がそこにいるのか...

夢の中では時間が交錯している。
以前ある作家が、いまだに学生時代の試験で苦しんでいる夢を見ると言っていた。
そして、そこでは学生の自分と、すでに作家になっている自分がごっちゃになっていて、「大変だ、この試験落としたら、また小説書いて学費稼がなきゃ」と思っている...という話だった。

私もよく、出席時間が足りなくて単位がとれずこのままでは留年!という夢に悩まされたが、さすがに最近は見なくなった。

夢の時間はきっと、まるい時間だろう。
時間ではあるが、同時にすべての時間がそこに並んでいる空間でもあるように感じる。


著者はこう言う。
「…子供たちはつねにわれわれとともにあり、前産業革命時代のなかに生き、そのさまざまな果実のまじった時間、遠まわりの時間、遊び時間、タンポポの時間を生きているからだ。…子供たちは頑丈な多年草であり、それよりもっとはるかに価値があり、はるかに楽しいなにものか、遊びという革命の時間をしっかり守っているからだ。」

だがタンポポの時間を生きている子供たちは今も健在なのか、残念ながらわからない。この本の初版は1999年、前世紀だ
長時間学校に拘束されたあげく、さらに塾やら学童デイサービスやらに捕まって飼いならされていないか?

近年はますます、女性も子どももまっすぐな時間を生きるように強いられている気がする。まるでそれだけが正当な時間であるかのように。

本はまだ読みかけなので、今後また時間の話は続くと思う。
もちろんどちらか一方が正しいわけではない。円と直線が融合すると、聖なる螺旋形になる。
そのためには今、生き生きとしたまるい時間が息を吹き返さなければ。
  
posted by Sachiko at 22:27 | Comment(2) | 未分類
2019年05月15日

一周年

HP開設に伴いこのブログも始めてちょうど1年、停電とお正月を除き、ほぼ日刊で書いてきたけれど、これは月1ペースで更新のブログなら30年分だな...と思い、無理せずこの辺で少しペースダウンしようと思います。
少しばかりゆっくりおつきあいください。

今日はこれだけではつまらないので、以下、ウルスラ・ブルクハルトの別の本「Elementarwesen Bild und Wirklichkeit(元素霊 イメージと現実)」の冒頭に載っている短い詩を...
------------

光小人の歌

光のともった
ランプは小さく
暗闇は濃い
我らはまだ
天使のように
大きく輝けない

ともった光は
つつましやかに
地球の中に
軌跡を描く

小さな明かりしか
ともせなくても
我らはすでに、光
やがて暗い時を超え
地平から昇る
太陽のように
  
posted by Sachiko at 22:00 | Comment(2) | 未分類
2019年02月26日

お話の時間

昨日の劇の話から思い出したちいさなエピソードがある。
小学校1年生のときの担任は、中年の女の先生だった。

先生は時々、クラスの誰かを突然指名して、「Y子ちゃん、ここへ来てみんなに歌を歌ってちょうだい」などと、何かをやらせた。

このY子ちゃんが指名されたのは、なんと入学式当日で、教室の後ろには親たちも大勢いたが、Y子ちゃんは少し顔を赤らめながらもけなげに歌いきった。
何をさせるかはその子によって違い、側転だったり暗算だったりした。

私は二度ばかり「Sachikoちゃん、ここへ来てみんなにお話をしてちょうだい」と言われたことがある。
それで私は前に出て、手持ちのお話の中からひとつ選んで話した。

何の話だったかまだ憶えている。
ひとつは、触るものすべてが金に変わってしまうミダス王の話で、もうひとつは、タイトルは忘れてしまったが、三人姉妹の末娘が、継母から「穴のあいたスプーンで川の水を汲んでおいで」などと無理難題を出されるが、仙女だか天使だかによって助けられる話だった。

ずっと後になってふと思った。
先生は、私がお話の本をたくさん読んでいることを知っていたのだろうか。
知っていたとしても、読んでいることと、それを覚えていて話せるかということは別のことだ。

それでも、そのように突然指名されたとき、できなくて立往生した子はひとりもいなかったように記憶している。

この先生は専門が国語だったようで、先生自身も時々お話をしてくれた。
生身の人間が目の前にいて話すのと、録音されたものを聞くのとでは違う。

お話を語ったり聴いたりすることは、単に物語の筋書きを知的に知るのではなく、エーテルに満ちた空間を共有することなのだろうと思う。
 
posted by Sachiko at 22:23 | Comment(2) | 未分類
2018年09月25日

静寂の音楽

ミヒャエル・エンデの「モモ」で、モモが星空の下で静けさに耳を傾けていたときに、はるか彼方からかすかに星の音楽が響いてくる。もっとも美しい音はきっと、静けさととても親しいのだ...

私には音楽の才能はひとかけらもないけれど、ある時どこかで聞いたこんな話を思い出した。
その人が好む音楽とその人生とはリンクしている、というものだ。

ロックが好きな人はロックのような人生を送り、演歌が好きな人は演歌のような人生を送る...と。

私は…特に音楽好きではない。しいていえばクラシック、特に古楽だ。中世からルネサンス、初期バロックあたりまで。
でも最初に好きになったのはドイツリートだった。10代なかばの頃、憧れのドイツを思いながら。
後に、お花を持ってウィーン中央墓地へシューベルトのお墓参りに行ったこともある(~_~;

それらの音楽も、今はほとんど聴かなくなった。そういえば昔はそれなりにコンサートなどにも行ったのに。

今は、人の作った音楽より自然音のほうがずっと好ましく感じる。
日常の中に雑音や騒音が多すぎて、耳が疲れているのだと思う。

風の音、雨の音、鳥の声、虫の声、小川のせせらぎ....
そして、雪の音....雪は音がしないって?

雪が降ると、雪が音を消すので静寂がいっそう深く濃くなる。
その、雪だけが作り出せる、しんとした静寂を聴くのが好きだ。
こういうのはいったいどんな人生なんだろうか。
 
posted by Sachiko at 21:57 | Comment(2) | 未分類
2018年09月15日

花をも含む社会

ずいぶん昔にベストセラーになった、ヨースタイン・ゴルデル著「ソフィーの世界」(私はずっと後になってから古本で読んだ)、その中で印象的だった言葉がある。

少女ソフィーが、なぜ社会には花は含まれていないのか、と問うのだ。
本がもう手元にないので正確な言い回しは覚えていない。それでも、これは根本的な問いに思えた。

社会に含まれているのは、全員ではないらしい。もしも全員が最初から社会の成員なら、女性の社会進出とか、子どもが学校を終えて社会に出るとか、そういう言葉はないはずだ。

理由は、社会のベースが「経済」になっているからだ。あまりにも当たり前になりすぎて、誰もそれがおかしいとは思わない。
以前、高橋巌氏の講座でこの話が出たときは、目を覚まされたような気がした。社会の土台は本来「精神」であるべきだ。経済その他は精神の土台の上に成り立つ、と。

精神あるいは霊性、いのち....そうしたものが土台の社会があったらどんなだろう。今とはまったく違う姿であることはまちがいない。
先住民族の社会などはそれに近かったのだろうか。

宮崎駿監督がどこかで語ったことを思い出す。

「人間以外の生きものや目に見えない存在を無視して、人間社会での人間同士の葛藤だけを描いたような作品は、自分には作れない」

人間社会での人間同士の葛藤だけを描いた作品....これは私は苦手だ。人工的な空調の窓のない部屋にでも閉じ込められたように、とても息苦しくなってしまうのだ。

あるとき、朝、目が覚めるか覚めないかのぼんやりした状態で、夢だったのか何かのビジョンか、こんな情景を見たことがある。
荒廃した古い地球がどこかへ見えなくなっていて、自然霊たちが生き生きと活動するみずみずしい世界があった。一瞬別の星か?と思ったけれど、どうやら新しい地球らしいとわかったところで、はっきりと目が覚めた。

その世界では、花も樹木も見えない存在も、あたりまえのように同胞であることだろう。現状では生きているうちに新しい地球を見られそうにないと思うけれど、このビジョンは持っておこう。

--------------------------------------------------
停電の夜、星空を見上げた人は思いのほか多かったらしい。
大勢の人たちが美しい星空に感嘆したことで、宇宙に向かって良いエネルギーが放射されていたと思う。
 
posted by Sachiko at 22:23 | Comment(2) | 未分類