2023年01月19日

エキナセア

少しばかり喉の痛みを感じて、風邪かな...熱はないし、例のヤツではなさそうだ。とりあえず喉に効くエキナセアのお茶を飲んでおこうと思った。

数回飲んで痛みは軽くなり、ほとんど気にならないほどだが、ハーブにそれほどの即効性はないはずだ。
最初から大したことではなかったのだろう。

echinacea1.jpg

一頃は30種類ほどのハーブを植えていた。
その後、薬用ハーブはプロが栽培したもののほうがいいのかもしれないと思ったので、今は半分くらいに減っている。

最近、やはり作物はなるべく自分の近くで採れたものがその人の栄養になるのだという話を聞いた。自分のところに届くまでのプロセスが多いほど、栄養は少なくなるのだとか。

たしかに昔から、身土不二という言葉がある。単に輸送に時間がかかって鮮度が落ちるというだけの話ではないらしい。

自分の畑で収穫してすぐ食べるのが一番だ。
野菜もハーブも、自分を育ててくれた人の役に立ちたいのだ。

そうして自分や家族のための薬草園を管理していた女性たちが、あるとき魔女にされてしまった....と、想像が遠くへ飛んでいく。

土地がなければベランダでも、鉢植えのハーブは育てられる。
パセリやタイムなど、料理用ハーブを少しばかり植えて、必用な時に摘んで使う。
そんな日常が、“自分自身の”暮らしになる。

真夏に咲くエキナセアやセントジョンズワート(冬場の鬱に効く)が、真冬に活躍することも、自然の素敵な采配だ。
  
posted by Sachiko at 22:41 | Comment(4) | ハーブ
この記事へのコメント
 
冬の鬱に効くハーブが
あるのですね。
飲んでみたくなりました。
寒すぎて 毎日 鬱々です。
30種類も育てていたなんて
すごいです!!!
Posted by にゃん太郎 at 2023年01月26日 10:56
夏至の頃に咲き、太陽の花と呼ばれる
セントジョンズワートが
真逆の季節の心情に作用する...
ハーブにはいろいろ不思議なことがありますね。
それにしても今年は、久しぶりに
冬らしい冬になりました。
歩くとき、キュッキュッと雪の鳴る音がすごい!
Posted by Sachiko at 2023年01月26日 22:21
えー!とっても不思議。
夏至の頃に咲くのですね。

Posted by にゃん太郎 at 2023年01月27日 18:02
聖ヨハネの日(6月24日)の頃に咲くので、
セントジョンズワート(聖ヨハネ草)と呼ばれます。
こぼれ種で簡単に殖えて、とても丈夫です(^-^)
Posted by Sachiko at 2023年01月27日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]