2022年12月08日

「ちいさな もみのき」

クリスマス絵本の古典「ちいさな もみのき」
(マーガレット・ワイズ・ブラウン 作 / バーバラ・クーニー 絵)

littlefir.jpg

あらすじ
------
森のはずれ、ほかの木々から離れたところに小さなもみの木が立っていました。
春、夏、秋が七回過ぎて、七回目の冬がきました。

小さいもみの木は、自分が離れたところに立っているのをさびしく思いました。
だれかと、いっしょにいたい.....

ある日、男の人がやってきて、小さいもみの木を根ごと掘って麻袋にくるみました。

 「おまえは これから すばらしいおいわいに いくんだよ。」

家には、足のわるい小さな男の子がベッドに寝ていました。
お父さんが持ってきた小さなもみの木は、樽に植えられました。

みんながもみの木の枝に飾りつけをすると・・・もみの木はクリスマスツリーになりました。
その夜、子どもたちがやってきて、クリスマスキャロルを歌いました。

男の子のそばで冬を過ごしたもみの木は、春になると、森のはずれに帰りました。

冬が来ると、また男の人がやってきて、もみの木を男の子のところに連れて行きました。
そしてまた春に、もみの木は森のはずれに帰りました。
もみの木は大きくなりました。

その冬、待っていても、男の人は来ませんでした。
もみの木はひとりで立っていました。

 クリスマスなしでは、このよは、ただ、おおきく
 つめたく、からっぽにみえました。


そのとき、遠くからクリスマスキャロルが聞こえてきました。
カンテラを手に持ち、子どもたちの先頭に立ってやってくるのは......

--------

絵本原作の第一人者、マーガレット・ワイズ・ブラウンは、100冊近い絵本を出していて日本語訳も数多くある。

「おやすみなさい おつきさま」「まんげつのよるまでまちなさい」「ぼく にげちゃうよ」など、おなじみのロングセラーも多い。

この「ちいさなもみのき」は、初版が1954年だが、作者は1952年に若くして世を去っている。

冬ごとに男の子のもとへ行ってクリスマスツリーになり、春には森に帰って来る小さなもみの木。

季節の巡りとともに、もみの木のそばでは鳥が歌い、花が咲き、ミツバチが飛び廻る。

クリスマスが近くなっても男の人が来ない冬は、一瞬不安にさせるけれど、最後は喜びのクリスマスになる。

絵は、こちらもおなじみのバーバラ・クーニーで、時を経ても古くならない、秀逸なクリスマス絵本だと思う。
  
  
posted by Sachiko at 21:37 | Comment(2) | 絵本
この記事へのコメント
クリスマスは 終わってしまいましたが
図書館にあったので
じっくり読めました。
絵も見ていて安心感が湧いてきて
ほんとうに素敵なおはなしでした。
Posted by にゃん太郎 at 2023年01月11日 16:25
このお話、大好きです。
小さなもみの木の、しあわせなクリスマス、
そして最後は、もっとしあわせなクリスマス♪
Posted by Sachiko at 2023年01月11日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]