2022年08月16日

「この本をかくして」

「この本をかくして」
(マーガレット・ワイルド文/フレヤ・ブラックウッド絵)

以前紹介した「図書館にいたユニコーン」という物語と少し似ている。
戦争で図書館に爆弾が落ちて・・・

konohon.jpg

図書館の本はみんな木端微塵になり、ピーターのお父さんが借りていた一冊だけが残った。
敵軍がやってきてみんなに町から出て行くよう命令したとき、お父さんは鉄の箱に本を入れた。

「ぼくらにつながる、むかしの人たちの話が、ここにかいてある。
おばあさんのおばあさんのこと、おじいさんのおじいさんのまえのことまでわかるんだ。
ぼくらがどこからきたか、それは金や銀より、もちろん宝石よりもだいじだ。」

人々は町から追い出され、みんなの家には火が放たれた。みんなは何週間も歩き続けた。ある夜、お父さんはピーターに宝物を託し、夜が明けるころに息が止まった。

みんなはお墓を掘り、ピーターには鉄の箱を持って行くのをあきらめるように言った。まだ長い旅が続くのだ。

ピーターは山を越える手前の村で、大きな木の下に宝物を埋めた。ここに爆弾が落とされることはないだろう。

ピーターは山を越えて、港から船に乗って海も超えた。
新しい国で、ピーターは青年になった。

戦争が終わって、ピーターは再び海を越え、あの村まで行き、大きな木の下にいた女の子に話しかけた。

「ここに宝物がうまってるはずだよ」

女の子は地面を掘るのを手伝った。そうして鉄の箱の中から本が取り出された。

「ぼくらにつながるむかしの人たちのことが、ここにかいてある。
ぼくらがどこからきたか、それは金や銀よりもだいじ」

ふるさとの町の図書館は新しく建て替わっていた。
ピーターは本を図書館に持っていった.....

--------

連綿と続く人々の暮らしの中で、大切なものが継承され、文化を作る。
それまでの暮らしを奪った戦争は、少年が青年になるほどの時間続いた。

今も爆弾が落ちてくる国があり、落ちてこないまでも、大人も子供もスマホばかりいじっているうちに「目に見えない大切なもの」が破壊され続けている国もある。

本は、考えたり想像したり、共感し魂を揺さぶられたりする人間らしい力を呼び起こす。そうした人間らしいいとなみが文化であり、破壊者たちにとっては都合の悪いものなのだ。
爆弾とは別の方法で、人間らしい力は今も巧妙に奪い取られている。

-----
戦争がほんとうに破壊するものは何か、ということについて、ここでリンクを貼っている「森へ行こう」というブログに書かれているので、その記事を紹介しておきます。
https://plaza.rakuten.co.jp/moriheikou/diary/202208160000/
  
posted by Sachiko at 22:11 | Comment(2) | 絵本
この記事へのコメント
今日 図書館でやっと貨りてきました。
「ユニコーン」のおはなしにも似ているなあ
と思いました。
今も住む土地を追われている人々のことを
想像してせつなくなりました。
こうして絵本で読むと
いったいなんの権限があって
こんなことされなきゃいけないのだろうと
くやしい気持ちになります。
訳が アーサー・ビナードさん!
このあいだ 講演会に行ったので
あ!
と思いました。
読めてよかったです。
マーガレット・ワイルドさん
他のも読んでみようと思います。
Posted by にゃん太郎 at 2022年08月28日 15:10
幾つもの違う時代や違う場所で、
似たようなことは起きていたのだろうと思います。

どこの国の話だったか、土地を追われて逃げるとき、
みんなで大切な楽器をひとつずつ頭の上にのせて
川を渡ったという話を聞いたことがあります。

無差別に破壊する力と、その中から
大切なものを守り、救い出そうとする力。

「大切なもの」を知っていることが、
人間であることの大いなる力なのかもしれません。
Posted by Sachiko at 2022年08月28日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]