2022年08月04日

クロコスミア

子供の頃、裏庭に濃いオレンジ色の花が咲いていた。
グラジオラスを小さくしたような花だと思っていたけれど名まえはわからなかった。

そして数年前、隣の畑の片隅にある木の陰で、この花がひっそり咲いているのを見つけた。見たのは子供の時以来で、今年の夏も咲いている。

crocosmia.jpg

今は検索という手段がある。とりあえず“小さいグラジオラスのような花”で検索してみたら画像が出てきて、クロコスミアという名前だとわかった。


花にも流行があり、昔はどこの庭にもあったグラジオラスやダリアなどは、最近ではまったく見かけない。
調べてみると、どちらも球根を売っているところも少ないようだ。

グラジオラスもダリアもクロコスミアも、夏休みの頃に咲いていた記憶がある。

大型の夏の花といえば、子どもたちがコケコッコー花と呼んでいたホリホックは、今も道端に咲いているのを見かける。
こぼれ種でよく殖える花で、なぜか昔から電柱のそばに咲いていることが多い。

季節ごとの花は古い思い出をまとっている。環境の中に花があってよかった。
今度クロコスミアの球根を見つけたら買ってみよう。
   
posted by Sachiko at 21:54 | Comment(2) |
この記事へのコメント
クロコスミア
って言うのですね。
最近 よく見ます。
オレンジ色なのに
黒?コスミア 
で覚えてしまいそう。

コケコッコー花 懐かしいです。
友達が よく顔にぺたぺた
つけていて 笑った思い出があります。
お花に 思い出があるって
美しいことだなあ
と気づけました。
Posted by にゃん太郎 at 2022年08月12日 07:17
花びらの根元がネバネバしていて、
鼻のてっぺんにくっつけてトサカに見立てて、
それで「コケコッコー花」。
あの頃はほんとの名前を知りませんでした。

花や虫や、自然との思い出は、
背後にあるもっと大きなものともつながるようで、
美しいですね。
Posted by Sachiko at 2022年08月12日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]