2022年02月23日

大雪

このところの大雪が全国ニュースネタになっている。
それでも、雪まみれのこんな姿の木は美しい。

snowtree.jpg


やはり近年は雪の時期が後ろにずれてきている。
2月下旬といえば例年は雪解けが始まっている頃なのに、今年はまだうず高く積もっている。

これは地面から覗いているブッシュではなく、ライラックの木のてっぺん。こんなに深く埋まったのは初めてだ。

lilacbush.jpg


近所のつらら。
最近の家はあまりつららができないので、昔のような大きなつららを見かけなくなった。

icicle.jpg


これほど雪深いにもかかわらず、陽が射すと、もう冬ではないと感じる。
光は春なのだ。

treeshadow.jpg
  
posted by Sachiko at 22:23 | Comment(2) | 自然
この記事へのコメント
「雪が大好き!」
 などと言えない雰囲気漂う
きょうこのごろですね^^;

もうちょっとしばれていたころ、
雪の結晶に夢中になっていました。
美しい結晶は
気象条件がそろわないと
見ることができませんから
また来シーズンまで待たねばなりません。

あんなにも美しく不思議なものが
天から降りてくるというのに・・。

自分の快適さや便利さを奪うものを
一面的にとらえて嫌ってしまう
現代人の浅はかさよ。

雪も落ち葉も菌も
たいせつな仲間なんだけどなぁ。
Posted by しゅてるん at 2022年02月24日 12:27
今の時期、まだ真っ白な雪がある嬉しさ^^

美しい雪の季節が過ぎたら、
美しい緑が戻ってきますね。

「美」や「不思議」が見えなければ、
雨も雪も落ち葉も、
厭わしいものになってしまうのでしょうか...

やはり最後に世界を救うのは、
「センス・オブ・ワンダー」かもしれません。
Posted by Sachiko at 2022年02月24日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]