2022年02月08日

山の方角

前に、私の頭の中でムーミン谷の地図の南北が逆さになっていたことを書いた。
そして最近、久しぶりにミドルアース(中つ国)の地図を見たら....

私の中ではずっと、フロドたちはホビット庄を出発した後、西へ向かって旅しているイメージがあった。
つまり、古森→粥村→裂け谷と西に向かい、そこから南に向かって霧降り山脈が続くと思っていたのだが.....

地図を見ると、この認識では東西が逆になってしまっている。
エリアドールの地図をちょうど鏡に映したような感じだ。
なぜこうなった?


ふと、思いもよらなかったことに気がついた。

山というものは西側から南側にかけて連なっているものだ、という、強く刻印されたようなイメージだ。
北や東に山があるというのはどうしても違和感があってイメージしにくい。

それで、ムーミン屋敷から見て北東におさびし山があることにも強烈な違和感があったのだ。
この観念はどこから来ているのか....


何のことはない、札幌の地形だ。
西から南にかけて山があり、北や東は平地なのだ。

時々、街で道に迷っている夢を見る(夢の中でさえ方向音痴...(>_<)。
その時山のあるほうを見て、向こうが西だ!と歩き出す。

人は無意識のうちに環境の影響を受ける。
けれど口にする食べ物の影響は気にしても、目にするものの影響はふだんあまり意識しない。

でも実際は、住環境やあたりの景色がどんな様子をしているかは、魂に刻印づけられる。
だから、美しい場所を創ることが必要なのだ。

こうして長い時間をかけて刻印された内なる地図が、ムーミン谷やミドルアースの地図をひっくり返すような影響を与えているとは思わなかった。
    
posted by Sachiko at 22:03 | Comment(2) | 未分類
この記事へのコメント
途中まで読んで
さては・・・
と思ったら
やっぱり!

考えてみたら
方向音痴って
動物としては
致命的^^;
私たち、
渡り鳥じゃなくて
よかったですね(笑)

立春が過ぎてから
光がずいぶん明るくなり
眠っていたいのちたちが
深い静けさの世界から
もどってきますね♪

Posted by しゅてるん at 2022年02月11日 12:30
ハイ、やっぱり...方向音痴ネタでした(-_-;

近年は人間が地球のエネルギーグリッドを
歪めているので、
渡り鳥やクジラが道に迷ったりしていますね(>_<)

季節の廻りを司る
地球と宇宙の叡智のもと、
いのちたちが健やかでありますように。
Posted by Sachiko at 2022年02月11日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]