2022年01月05日

12月に向けて---第十二夜

-----

シュタイナーが伝えた12夜の話から

最後の聖夜の一歩を踏み出そう。
毎日歩んできたこれらの12の階梯は、次のクリスマスに私たちの存在が新たにされるまで、1年間の各月のテーマとなる。

私たちは自分の内面の在り方を観照してきた。そして自分の中で毎瞬間起こっている様々な動きに対し、さらに意識的になれることを願う。

私たちは、自分の感情がどのように湧き上がるか、放っておけば私たちを押し流してしまうかということを、より意識するようになった。

私たちの心の中を飛び交う思考の幾つかは、衝撃的なものだったかもしれない。それらはいつもそこにあったのに、気づかなかっただけなのだ。
また、行為への衝動がより意識的になり、自分の動機を評価する機会を得たかもしれない。

少なくとも、これらの3つの魂の活動をより意識するようになったなら、私たちは自分の存在の中で最高のもの、すなわち“私”を体験したことになる。

内なる“私”は、私たちに平静と目的を与え、世界や出会うすべての人々との関係のあり方を変えてくれる。
そのような“私”を体験できたとき、すべての人間の中にキリストが見えはじめる。

宇宙のキリストは、イエスという媒介を通してこの地上に降り、この霊は私たちの中に宿っている。
この霊は、主に私たちが呼吸するたびに、また私たちが食べる食物、キリストの体である大地で育まれた食べ物を通して、私たちの中に宿っている。

この現実を受け入れると、私たちは地球の生命力と、自分のエーテル体の中にも、キリストのエーテル存在を体験し始める。

今、私たちはすべての人をキリストであるかのように扱い始める。
否定的な思考は、それが形成される前に阻止する。
なぜなら、その思考がキリストについて考えていることになると知るからだ。

他者の中にいるキリストに敬意を払うからこそ、すべての感情や動機に気をつける。そうすることで、自分自身が変容し、相手も引き上げることができる。

パウロがこう言ったように。
「この奥義は、あなたがたの内にいますキリストであり、栄光の望みである。」(コロサイ1:27)。

もし私たちがこれからの1年間、毎日この神秘を思い起こすことだけをするなら、私たちは世界を変えるだろう。

-----

12夜の最初と最後は、さらに特別だ。
第1夜は翌年の1月に対応するが、その1月には、8月〜12月に対応する日が含まれている。

第12夜は12月に対応し、その12月には次の年の1〜7月が含まれる。
更に言えば、含まれている1月にはそのまた次の8〜12月が含まれ...と、どこまでも層になり、鏡に映した鏡のように、遥かな過去から未来までの時空が、神秘的に折り重なっている。


今日の話は、この箇所にもつながっている。「わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである」(マタイ25:40)

福音書を引用するとなんだか説教臭くも見えてしまうけれど、12夜の神秘をたどるのに、外的なキリスト教徒である必要はないと思う。
12夜の神秘は、キリスト教が広まる以前の時代から知られていたのだ。

それは宇宙と地球が織りなす神秘であり、すべての人にとって重要な意味と働きを持つ。
  
posted by Sachiko at 10:46 | Comment(4) | クリスマス
この記事へのコメント
あけまして おめでとうございます。

12夜の おはなし
とてもおもしろかったです。
楽しみにして読みました。
夢を よく覚えている方なので
夢日記も しっかりつけました。
すごく恐ろしい夢も見ちゃいました(笑)
この12夜のおはなしは
シュタイナーのどんな本に 
書いてあるのですか?
今年も ブログ楽しみにしています。

Posted by にゃん太郎 at 2022年01月05日 16:53
にゃん太郎さん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします♪

12夜の夢日記、いいですね。
私はあまり夢を覚えていられないです(^_^;

この12夜の話は、本としては出ていないと思います。
海外のサイトで見つけて文章を保存したのですが、
元がどこのサイトだったかわからなくなってしまいました(汗)
シュタイナーはもう著作権が切れていると思うので、まぁいいか...と(^^;
とりあえず全文ではありません。
Posted by Sachiko at 2022年01月05日 22:12
ありがとうございます(*´ω`*)
Posted by にゃん太郎 at 2022年01月06日 14:50
(^o^)/♪
Posted by Sachiko at 2022年01月06日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]