2021年12月29日

5月に向けて---第五夜

-----

シュタイナーが伝えた12夜の話から

私たちは思考するとき、過去に考えだされた概念を結びつけることで現在を理解する。

このことは脳内で行われるのではない。
私たちの脳は、魂によって形作られた思考を見ることができる鏡のようなものだ。私たちの思考を体に送るのは魂なのだ。

これが、私たちが眠っているとき魂−アストラル存在−が退いてしまっていると考えることができない理由である。

しかし私たちの脳はまだベッドの中にいる。そして科学者たちは、なぜ脳が夜に働かないのかについて、種々雑多な考え(正しいもの以外の)を抱いている。

これらの思考をどれだけコントロールできるかと言うなら、100%である。私たちの集中力を研ぎ澄ますことが、必用なすべてなのだ。

もし私たちが思考に集中することができれば、それとともに私たちは変容する。
私たちは思考を、霊感の息吹のごとく体験し、わかりきった退屈な道から解き放たれて自由になったと感じるだろう。

私たちは思考を、感情によって暖め、意思によって生き生きとさせるために、直接的にコントロールする力を得る。
このことは私たちに、いつも容易に見出せるとは限らない真我の直接体験をもたらすだろう。

------

現代科学はいまだ脳を絶対視していて、魂について語るのはタブーのようだ。
人間の中では頭(脳)が一番賢いと信じられているけれど、現実をよく観察すると、頭がどれほど騙されやすく錯覚しやすいかがわかる。

無意識的な日常の中では、思考はほとんどコントロールされない。
頭の中はすぐに、次々と現れては消えて行く混乱した思考のおしゃべりでいっぱいになる。

思考を観察しようと立ち止まって静かになるとき、初めて“意識”が立ち現れる。
思考しようと意図したことだけを思考できるようになるべきだとシュタイナーは言ったが、現段階の人間にとってはまだ難しい。

つまり、考えたことがすぐに現象化しないのは、今の段階では恩寵なのだ。
未来、人間が進化していつか文字通りの創造者になるために、思考のコントロールという修練の途上にある。

毎年の12夜の旅は、宇宙的な旅の小さな模像を描く。
  
posted by Sachiko at 15:18 | Comment(0) | クリスマス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]