2021年12月09日

レンバス

「指輪物語」で、旅の仲間の一行がロリエン(新版ではロリアン)を出発する時、エルフたちが旅に必要な贈り物を持ってやって来る。

食べものは、薄い焼き菓子のかたちをしていて、葉っぱに包んだまま割らないようにしておけば何日もおいしさがかわらず、ひとつ食べれば一日たっぷり歩けるほどの滋養がある。

これがエルフの行糧レンバスで、この旅においては非常食でもあった。

そして実際、モルドールへ向かう途中のフロドとサムにとって、残っている食料はこのレンバスだけになる。

ゴクリ(ゴラム)が二人の後をつけていた。
フロドは過去にガンダルフと話したことを思い出す。

「ゴクリは死んだっていいやつです。」と言うフロドに、ガンダルフは言った。

「・・あんたは死者に命を与えられるか?もしできないのなら、正義の名においてそうせっかちに死の判定を下すものではない。
・・・すぐれた賢者ですら、末の末までは見通せぬものじゃからなあ。」

フロドはゴクリに情けをかけた。モルドールへの案内人にするつもりなのだ。
そして飢えたゴクリにレンバスを与えようとするが、ゴクリはレンバスを包んである葉っぱを「いやなにおいのする葉っぱだ」と嫌悪する。
レンバスを少しかじってみるが、それを埃と灰のように感じて食べることができない。


この様子はまるで、「ナルニア国ものがたり」の、うまやに閉じ込められた小人たちのようだ。

すばらしくおいしいレンバスも、いい香りのする葉っぱも、ゴクリにはそのとおりのものとして感じることができない。
サムがエルフの綱でゴクリを縛ったときも、ゆるく縛ってあるにもかかわらず、ゴクリは綱そのものをひどく痛がった。

エルフのことも、「明るい目をした恐ろしいエルフ」と呼ぶ。
ゴクリには太陽の光も月の光も恐ろしい。
善なるもの美しいものは、耐えがたく不快で恐ろしいのだ。

何かで読んだ天使体験談の中に、こんな話があった。
ある男が天使に向かって、いちど姿を見せてくれるように頼む。
すると、そこには耐えがたいほど強い光があらわれ、彼は怖ろしさのあまり「やめてくれ!」と叫ぶと、光は徐々に弱くなった。

その存在が受け入れることのできる範囲を超えたものは、そのように見えるとすれば、今地上で人間をやっている存在には、人間として耐えられる範囲のものだけが用意されているのだろう。

何を居心地よく感じるかには個人差が大きいだろう。
けれどこんな話も聞いたことがある。

人間の中で最も優れた者と、最も劣悪な者とのあいだには、宇宙的に見ればほとんど差がない。
つまり『人間』という存在自体が、宇宙から見るとそれほどすばらしいのだ、と。

それを人間が心底自覚出来たら、と思う。
   
posted by Sachiko at 22:39 | Comment(2) | ファンタジー
この記事へのコメント
黄金のどんぐりは
現実世界に戻ると
普通のどんぐりに
なってしまいますね。

おお、レンバス!


Posted by しゅてるん at 2021年12月14日 13:18
異界で手に入れた金貨が、
家に帰ると葉っぱや石だったという類の話は
世界中にありますね。

一枚で一日歩けるというレンバスを
味わってみたい♪
Posted by Sachiko at 2021年12月14日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]