2021年11月26日

「永訣の朝」

今年も遅い初雪だったが、明日は本格的な雪になりそうだ。

宮澤賢治のこの詩については(他の作品についても同様に)、何かを語ろうとするのものもまったく余計なことに思えるのだけれど.....


  けふのうちに

  とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ

  みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ

  (あめゆぢゅとてちてけんじや)

    ・・・・

  おまへはわたくしにたのんだのだ

  銀河や太陽 氣圏などとよばれたせかいの

  そらからおちた雪のさいごのひとわんを.....


この世を去ろうとするひとの最後のたべものは、地から生え出たものではなく、天から降りてきたものだった。

色を持たず、地上の温度には耐えられない、まさに“すきとおったほんとうのたべもの”に近いもの。

  銀河や太陽 氣圏などとよばれたせかい

『銀河鉄道の夜』のカムパネルラには、妹としの姿が投影されているという説もあるが、そうした解釈もまた、すきとおった魂の表出にとっては余計なことなのだろう。

愛する者が、銀河などとよばれる世界の向こうへ行ってしまう。
澄みわたった銀河の水が凍ったような美しい雪の姿。


  おまへがたべるこのふたわんのゆきに

  わたくしはいまこころからいのる

  どうかこれが兜卒の天の食に變つて

  やがてはおまへとみんなとに

  聖い資糧をもたらすことを

  わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ


としが亡くなったのは、11月27日。
まだ本格的な冬ではない、みぞれの降る頃だったのだ。
  
posted by Sachiko at 22:37 | Comment(0) | 宮澤賢治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]