2021年08月30日

蝶のいのち

日曜日の午後遅く、小型の夏アゲハが葉っぱに止まったままになっていた。
一度だけ翅を広げ、また閉じて、何時間も動かない。
最期のときを迎えようとしているらしい。

ageha.jpg

同じ日、鱗粉が落ちて色褪せたウラギンスジヒョウモンもやってきた。同じところを繰り返し低く飛んでいて、弱っているのがわかる。

お別れを言いに来てくれたのか、しばらく私の周りをまとわりつくように飛んでいたが、ちょうどカメラがバッテリー切れを起こしてしまい、これは写真を撮れなかった。

今朝見ると、葉っぱの上に昨日のアゲハの姿はなかった。


シュタイナーの『天使たち 妖精たち』の中に、蝶が死ぬときについての記述がある。

-----------

蝶々が死ぬとき、蝶々の羽の粉は消えてなくなるように見えます。

蝶々の羽からこぼれ落ちるのは、最高に霊化された実質なのです。

蝶々の羽から飛び散る粉は、小さな彗星のように、地球の熱エーテルのなかに流れていきます

季節の経過のなかで、蝶々たちが死滅する時期になると、すべては内的にきらきらと輝きます。

この輝きのなかに、サラマンダーが入っていき、その輝きを受けとります。

そして、サラマンダーが蝶々の羽から運んだものが、宇宙空間に光を放ちます。

-----------

小さな蝶も、これほどに宇宙的な存在なのだ。

自然界の生きものたちは、何とみごとに逝くのだろう。
   
posted by Sachiko at 21:31 | Comment(0) | 自然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]