2021年07月30日

「華氏451度」・7

仕事に戻ったモンターグが通報を受けて出動した先は、本を隠し持っていたモンターグ自身の家だった。
ベイティーの命令で彼は家を焼き払うが、最後には挑発するベイティーに火炎放射器を向ける。

犯罪者になったモンターグは再びフェーバーを訪ねて逃げ道を教えてもらい、たどり着いた先には、自然の香りが満ちている土地があった.....


小説版と映画版ではラストがかなり違っていて、私は映画版が印象に残っている。

ひとりの人間が一冊の本になり、自分の記憶の中にそれを保存している世界。彼らは「ブックピープル」と呼ばれる。

老人が孫に自分の「本」を引き継いでもらうべく口承しているシーンや、ブックピープルたちがそれぞれ自分の「本」を、忘れないように暗唱しながら行き交う光景。

人々が一体化している本はほとんどが、時代を超えて読み継がれるような文学や哲学、宗教書だ。

人が統計的データとして記号化されてしまわないように、言葉を生き、物語を生きる必要がある。
たとえ本を丸暗記しなくても、ひとりの人間はオリジナルな自分自身の物語なのだ。


人は舞台を観るときには神の目で見る、と言ったのはミヒャエル・エンデだったか...
舞台の上の物語はこの世の道徳律とは別の法則の元にある。

舞台上でオセロがデズデモーナを絞殺しようとしても、観客は止めに駆けつける必要はない、観る人はその殺人も含めたすべてを、別の次元から見て受け入れる・・・という話だった。

(ただしあくまでも、劇場という特別な場所に出かけて舞台を観るという非日常次元において。テレビのように日常の中に入り込んでしまうと逆効果になる。)

舞台を観るように、人生の物語を神の目で見るならどうだろう。
悲劇も喜劇も平凡な日常も、それに同化して巻き込まれることなく味わうとき、この短い詩の一節のようになれたら美しい。

  いま響く 昔のしらべ

  幸も悲しみも歌となる (ゲーテ)
   
posted by Sachiko at 21:02 | Comment(0) | SF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]