2021年06月29日

「華氏451度」・3

1953年に書かれた「華氏451度」は、とても今日的であると同時に、まだシンプルに見える。
同様のテーマが、現在ではこのSFよりも遥かに入り組んで巧妙になっている。

死と悲しみのタブー。ミルドレッドは4日前のクラリスの死を“忘れて”いた。死と、それに付随する悲しみのことなど考えたくないのだ。

現代日本ではいつからか、「明るい」ことが脅迫的に礼賛されるようになった。影、闇、悪はタブーで、「ネガティブ」として忌み嫌われ排除される。

そうすれば明るい半分だけが残るのか?そんなことはない。それらはコインの両面だから。

影を排除しようとしてコインの裏側を削り落としても、新たな裏ができるだけで、排除したはずのものはやがて怪物となって反逆してくるだろう。
そうして裏を排除するたびに、コインは薄っぺらくなる。

モンターグの妻ミルドレッドは、まさにそのような姿に描かれている。
テレビや車のスピードという刹那的な娯楽や刺激に溺れているが、娯楽はけっして幸福の代わりにはならない。

そしてこのミルドレッドの姿が、ディストピアにおいては望ましい(都合のよい)人間像でもあるのだ。


本を禁じ、つまりは深く考えを巡らせたり、じっくり生を味わったりすることを許さない社会。
反知性主義のディストピアとして描かれているが、この知性とは、知識クイズに反射的に答えるような知性とは別のことだろう。

クラリスは学校へ行っていなかったし、雨を味わうクラリスの知性はむしろ智恵の領域だ。
華氏451度の世界、まるでどこかの世界にそっくりではないだろうか?


重要なのは「本(つまり紙の)」そのものではなく「内容」だという話が出てくるが....これには私は異論がある。
紙の本でもkindleでも「内容」は同じだ。

重さ、大きさ、紙質、手触り、装丁....
紙の色や匂いは年月を経て変化していく。
古い本は、それを買った店も、どの棚にあったのかも憶えている。

それらを総合したものが本だ。kindleは紙の本より記憶に残りにくいという研究結果もある。

内容以外の違いは何か。
“五感”を使うことと、“個性”が加わることだ。
それは空間を拡げ、本はその人だけの物語空間に含まれていく。

はからずも本の話になった。
本は受け身では読めない。双方向テレビよりも、実はもっと双方向的で、本は自分を映す鏡になる。

以前ミヒャエル・エンデが、「一冊の本を二人の人が読むと、それは違う本になる」と言ったのはそういうことだ。
鏡なら、その前に立つ人が違えば、違う姿を映し出す。

もっとも印刷されて量産された本というものも、かつてはハイテクの産物だった。その前は写本や口伝だったのだから。
  
posted by Sachiko at 22:48 | Comment(2) | SF
この記事へのコメント
人間はいつしか
勘が鈍ってしまったがゆえに
情報や知識を求めるようになった
といいます。

直観的知性(勘)

経験知(知恵)
こそが
人の人たる所以
と思うのです。

本のリアルな
重さ
紙の手触り
匂い・・・
内容だけでなく
本そのものが
全体として語りかけてくる。

その声を聴きとれる感性が
あってこそですね。
Posted by しゅてるん at 2021年07月01日 06:39
あふれかえる情報や、
断片的な知識。
それらを処理するスピード。
どこへ向かっている?

生きた智恵は、
炉端で聴くおとぎ話のように
深いところに沁みわたって、いつか
深く豊かに繁っていくのでしょう。
Posted by Sachiko at 2021年07月01日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]