2021年04月20日

つぼみの季節

今日は、今年最初のモンシロチョウと、小さなハナアブを見た。

冬のあいだどうしていたのだろう?と思う生きものたちが、春には確実に帰ってくる。

雪の下で眠っていた花たちも新梢を伸ばしはじめる。
新芽がふくらんでからつぼみが付くまではあっという間だ。


チューリップと遅咲きの水仙のつぼみ

bud3.jpg

ライラックとブラックカラントのつぼみ

bud2.jpg

ハスカップとグースベリーのつぼみ

bud1.jpg


あるところにこんな、ある意味怖い話があった。
未来においては、道徳的な人が住んでいる家は生命力が豊かになり、その家にどういう花が咲いているかで、住人の道徳性が見分けられるようになる、と。(◎_◎;

そもそも未来には、その人間のすべては透けて見え、現在のようにごまかしが効かなくなるらしいのだ。
せめてこまめに庭の手入れをすることにしよう(-_-;

フィンドホーンの花や野菜があんなにも大きくて生き生きとしていたのは、未来を先取りしていたのか?
単に土壌の質とかいう話ではないだろう。元々が農業に適さない砂地だったのだから。


開花予想によれば、明日あたり桜が咲くことになっている。
花々がいっせいに咲く少し前のつぼみの季節、これもまた、短くも美しいひとときだ。
   
posted by Sachiko at 22:51 | Comment(2) |
この記事へのコメント
今年は桜の開花が
早いですね。
ニオイスミレももう満開!

この時代であっても
その人の佇まいが
多くのことを
語っていますよね。

いずれにしろ
ごまかしはききませんね(笑)
Posted by しゅてるん at 2021年04月23日 06:58
隣の杏も満開に近いです。
今朝はそこにシジュウカラが来ていました。
(鳴き声がわかるようになった^^♪)

未来の萌芽は、今この時代に
もう始まっていますね。
Posted by Sachiko at 2021年04月23日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]