2021年03月19日

なごり雪

昨夜の雪で朝は道路が白くなっていたが、あっという間に融けてしまった。

もう春の力のほうがずっと強くなっている。

球根が転がったのか種が飛んだのか、思わぬところで小さなスノードロップが咲いていた。今年見た最初の花だ。
家の裏にはふきのとうが二つ三つ顔を出している。

自然霊たちが帰ってきた。
土の中や空気の中で、いろいろなことが動きはじめている。
エーテルの流れ、春の匂い。
遠からず、それらは目に見える姿をとって現れるだろう。

札幌で見る雪はまだこれが最後ではないけれど、明日は春分、それから二週間ほどでイースター。

本格的に春が来る。

snowdrop2021.jpg
   
posted by Sachiko at 21:17 | Comment(2) | 季節・行事
この記事へのコメント
スプリングエフェメラルたちが
雪や土の下で
そろそろ目覚めている気配がして

春の到来の歓び♪

などと思っていましたら

Sachikoさんのお庭では
早起きさんたちが
もう顔を出しているのですね!

エゾエンゴサクのブルー
ニオイスミレの香り
待ち遠しいな〜。


Posted by しゅてるん at 2021年03月21日 08:08
エゾエンゴサクの澄んだブルーは
美しいですね〜
私は、裏のふきのとうは
もう天ぷらにできるかな、などと
考えていましたが....^^;
Posted by Sachiko at 2021年03月21日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]