2021年03月16日

春の夕刻

季節の気分というものが確かにあり、それは季節ごとにはっきりと違う。

特に、夕刻の気分には特別なものがある。
西日がまだ柔らかい春の晴れた夕刻は、なぜか幼い頃の情景を思い起こさせる。


幼い頃、向かいの家に住んでいたひとつ年上のEちゃんは、私がその場所に引っ越してきて最初の友だちだった。
(以前書いた、杏の木のある家の兄妹を最初に紹介してくれたのもEちゃんだ)

西側の部屋で遊ぶとき、日が傾くにつれて光の当たる場所が長くなり、光がここまで来たらこの遊び、もっとここまで来たら別の遊び、などと決めごとをしたりしていた。

あるとき、Eちゃんが「わたしのハートが燃えちゃった♪」と歌いながらぐるぐると走り回りはじめた。
何かの流行歌だったのだろうか。

私は「ハートが燃える」の意味がわからず、「鳩」のことかと思った。
なにか可愛い小動物がもえちゃった歌らしい....
何にしよう....うさぎかな。

それで私は、「わたしのうさぎがもえちゃった♪」と歌いながらいっしょに走り回った。
Eちゃんが何も言わなかったところを見ると、Eちゃんもハートの意味がわかっていなかったのかもしれない。
ふと思いだして「あっ!」と思ったのは、ずっと後のことだ。

私が小学校に入る前に、Eちゃんは遠くの町へ引っ越して行った。私の家でささやかなお別れ会をした時の写真が残っている。

その少し前、Eちゃんといっしょに、切手ほどの小さな花をたくさん並べた絵を色鉛筆で描いて遊んだ。
ある夜、眠る前にその絵のことを思いだした。
Eちゃん、行っちゃうんだ....

とても悲しくなった。
思えばこれが、人生で最初に意識した別れだった。
それから三年ほど手紙のやり取りをしていたが、いつの間にかとだえてしまった。


近年、時間の感覚が変化しているように感じる。
時間は直線的に進んでいるわけではない。
時間はある状態で空間となり、空間内を移動するように、ある時点を訪ねる感じだ。

なぜ夕刻なのだろう。
午前と午後では、陽光のエネルギーの質がまったく違う。

季節の気分、時間帯の気分....それらを感じ取る感覚は、地球に生きていく上でとても大切な能力だと思っている。
  
posted by Sachiko at 22:21 | Comment(2) | 未分類
この記事へのコメント
昼と夜をつなぐ
「あわい」の刻。

日暮れ時の
不思議。

幼いころのことを
よく思いだすのは
齢のせいかと
思っていました(笑)

大気に
春のエネルギーが
満ち満ちてきましたね〜♪


Posted by しゅてるん at 2021年03月17日 08:19
日暮れ時の不思議も、
春はどこかふんわり。
私の好きなこの句のように。

公達に 狐化けたり 宵の春(与謝蕪村)
Posted by Sachiko at 2021年03月17日 21:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]