2021年01月16日

町のくらし

マリア・グリーペ「森の少女ローエラ」より。

車に乗せられたローエラは、初めて町を見た。
町のようすはとても奇妙に見えた。
道沿いには庭などなく、建物がぎっしりと建てこんでいる。
イルミネーション、騒音、人の波!

児童ホームで、ローエラは部屋をひとつもらった。
新しい環境に外面的には溶けこんだが、実際のところうまく適応できず、戸惑うことばかりだった。

町では自分の力を使う必要がない。
部屋はひとりでに温まり、スイッチひとつであかりが点き、水もひとりでに熱くなる。
ローエラは火が恋しい。

炎を出さない、生命のないあかりは、神秘に満ちた影を追い払ってしまう。こういうあかりに照らされていると、人間は灰色になって、しまいに抹殺されてしまうだろう。

町には静けさがない。小さな生き物の声は騒音に飲み込まれてしまう。まったく身の毛もよだつ思いがする。

ここにはほんとうの空気がない。においだけ。
ガソリンのにおい、排気ガス、工場のけむりが、草や雪や太陽の香りを飲み込んでしまう。
空気がなければ、どうやって呼吸ができるだろう?

人間の数が多すぎる。そして都会の人々はたがいにあいさつさえしない....

-----------------

つまり、町には生きたものが少ない。
生きたあかり、生きた音、生きた空気、生き生きとした人間...
生命あるものと引き換えに、都会の人々は何を手に入れたのだろう。

この物語が書かれた時代は、まだパソコンもスマホもなかったが、すでに町の暮らしからは生命力が失われかけていた。
町の暮らしに対するローエラの感じかたには、森の感覚が生きている。

森が与えてくれるキノコや木いちごを喜んで受け取っていたローエラは、村の人たちが傷んでいない食べものをも捨ててしまうことが不思議だった。
都会ではさらに多くの奇妙なことがあたりまえになっている。

ローエラの目を通して見ると、都会の人々は“感覚”を鈍らせているように見える。
光や音やにおいがどんなふうなのか、まるで気づかずにいるようだ。

森は感覚を鋭くすると言われる。森の中にあるものは、みんな生きているからだ。
  
posted by Sachiko at 22:07 | Comment(0) | マリア・グリーペの作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]