2021年01月08日

冬らしい冬

二週間ほど真冬日が続いていて、まだもう少し続くという予報が出ている。

年末年始の数日間の気温の低さは、76年ぶりだったとか。
雪は少し少なめだけれど、なまぬるかった昨冬とは違って満足のいく冬になった。

パウダースノーが踏み固められた上を歩くと、靴の下で雪がキュッキュッと音を立てる。
この音がしなければ本物の冬ではない。

アドベントからエピファニーまで、自然界がいちばん暗い時期にクリスマスの光がある。

冬至から2週間以上経ち、独特の聖夜の気分も過ぎて、今はもう陽射しが強くなってきたのがはっきりわかる。
季節は刻々と変化していく。

寒さに弱いので室内に避難させたローズマリーが、季節外れの花をつけていた。

rosemary.jpg
  
posted by Sachiko at 21:55 | Comment(0) | 自然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]