2020年12月23日

クリスマスの祝い方

2020―2021のクリスマスシーズンは特に重要だと感じるので、「クリスマスの秘密」(ハンス=ヴェルナー・シュレーダー)から、クリスマスとは何かについての話を。

-------------------------

クリスマスの日の真夜中が来ると、キリストから信じられないほど明るく輝く光が人類と地球と私たちを照らします。
地球は内部から輝き始めるのです。

そしてキリストからのこの光は人類にとって測り知れない祝福なのです。
言いかえれば、これから来る年の十二か月の毎日毎日が、この夜キリストによって洗礼されるのです。

ですから、もし私たちがクリスマスを正しく祝うことができれば、それに続く年には悪い出来事があったとしても、それを克服できないようなことはあまり生じないということなのです。

-------------------------

クリスマスは子供とサンタクロースのお祭りというだけではなく、人類にとっての宇宙的な祝祭なのだ。

キリストが地上界に現れる以前の古い時代、秘儀を知る人たちには、クリスマスに当たる真夜中、地球の内部に太陽を見たという。

ウルスラ・ブルクハルトの「カルリク」の中に、これに似た話があった。
冬の祝祭の時期、地球内部の太陽が輝き、すべてが透きとおって輝いて見える。元素霊たちは、地球に流れ込む光に満たされる....


元素霊たちは地球に属していて、クリスマスに地球に注ぐキリストの光を喜ぶ。
人間も意識的にその光を受け入れることで、地球と喜びをともにすることができるはずなのだ。

新しい時代のために。
メリークリスマス♪
  
posted by Sachiko at 22:21 | Comment(0) | クリスマス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]