2020年11月11日

聖マルティン伝説

11月11日は聖マルティン祭。
ドイツではこの日の夜、子どもたちがランタンを持って歌いながら歩くという話は以前書いたが、では聖マルティンとはどんな人物なのか....

ヨハネス・シュナイダーの「メルヘンの世界観」の中で、ほんの少し触れられている箇所がある。

メルヒェン「星の銀貨」の少女のように、持っているすべてを他者に差しだしてしまうことは、地上における現実の生活にふさわしいこととは言えない....
現実世界では、豊かな人が貧しい人に持っているすべてを与えてしまったとしたら、単に立場が入れ替わるだけなのだ。

このような場合の、現実に適った対処のしかたを描いたものとして、聖マルティンの伝説が紹介されている。

-------------------------

その伝説では、聖マルティンという英雄が馬に乗って進んで行く途中で、ある乞食に出会います。その乞食は、寒さで凍えそうです。

そこで聖マルティンは、自分の着ていたマントを半分に裂き、その片方を乞食に与えるのです。

もし、一方の人間がより多くを持っており、他方の人間が貧しい状態にあるなら、ふたりはお互いに分かちあうことが必要になります。それが地上の現実なのです。

-------------------------

この本に書かれている聖マルティン伝説についての話はこれだけなのだが、別のところでこの続きを見つけた。
次の夜、マルティンの夢の中にキリストが現われ、半分のマントを着ていた、というものだ。

どこかで聞いたような話.....
以前紹介した絵本「靴屋のマルティン」に似ている。

靴屋のマルティンがその日、親切にして必要なものを与えた人々――凍えていた道路掃除夫や、赤ん坊を抱えた貧しい婦人、リンゴを盗んだ少年を罰するおばあさん。

夜、幻のように現れたその人たちを見て、マルティンはそれがイエスさまだったと知った.....

あの「靴屋のマルティン」は、聖マルティン伝説が土台になっていたのだ。

ドイツではハロウィンがあまり盛んではない代わりに、秋のお祭りといえばこの聖マルティン祭だ。
日が短くなった11月に灯るランタンは、魂の奥に暖かく懐かしい思いを呼び起こすことだろう。
  
posted by Sachiko at 22:07 | Comment(2) | 神話・伝説
この記事へのコメント
11月11日は
ポッキーの日だな〜
などと思っておった
次第^^;

すべての存在を
愛し敬う心を
培ってゆきたいものです。
Posted by しゅてるん at 2020年11月14日 07:21
ポッキーの日でもありますね^^

古い伝説やメルヒェンは、
恣意的に作られた話と違って
ずっしりと重みがあります。
Posted by Sachiko at 2020年11月14日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]