2020年10月21日

秋の火

秋という字には、火が入っている。
木々が紅葉することから来ているのだろうが、自然界が燃焼するのは夏で、秋はそのあとの灰の季節なのだそうだ。

季節の気分というものは、言葉にしがたいけれど確かにある。
秋の湿った土から立ち昇る冷気は、落ち葉が分解していく独特の香りを運ぶ。

それらも、立ち止まって感じようとしなければ、日常の慌ただしさの中で気づかずに通り過ぎてしまうだろう。

秋の夕刻に蝋燭(キャンドルよりこう呼びたい)に火を灯すと、季節の気分はいっそう色濃く浮かび上がる。

かつて暮らしの中には生きた火があり、炉辺の物語は、年長の人々から生きた声で語り伝えられた。

都会生活からはいつの間にか、ほんとうに生きているものがとても少なくなってしまった。

自然霊たちは、人間の意識を必要としている。
世界各地の大規模な山火事などは、人間とのつながりを失ったサラマンダーの嘆きの叫びではないのかと思う。

地水火風が自然界の構成要素なら、それは当然、自然の一部である人間自身の構成要素でもある。

それらが調和のとれた姿をしていることは、人間社会のためだけでなく、宇宙的なバランスのために必要なのだ。

秋、せめて小さな火を見つめ、耳を傾けてみる。

autumncandle.jpg
  
posted by Sachiko at 22:15 | Comment(4) | 季節・行事
この記事へのコメント
”秋という字には
 火が入っている”

ほんとうだ!

見ているのに
見ていない
とは
このことなり^^;

この間
護摩焚きの映像を
見ていたときに
火が生きていることを
改めて思いました。

家庭から竈がなくなり
石炭ストーブもなくなり
生きた火が暮らしの中から
消えていったことも
便利さとひきかえにした
大きな喪失ですね。

わたしも
日の短くなった
秋の夕暮れに
蝋燭を灯そう
と思いました。
Posted by しゅてるん at 2020年10月22日 07:17
焚くという字は、火の上に複数の木。
これも漢字の妙ですね。

生きた火も生きた水も、
暮らしの中から消えていきました。

工場で作られた冷凍食品を
電子レンジで加熱したり、
ペットボトルの水を飲むとき、
人のからだは、ほんとうに必要ないのちの糧を
得ることができるのだろうか...と思います。

(ところでしゅてるんさんのブログにコメントしようとしたら送信ができなかった。なぜかな...)
Posted by Sachiko at 2020年10月22日 21:55
あれれ・・

確認したところ
コメントは受け付ける
という設定になっておるのじゃがのう。
Posted by しゅてるん at 2020年10月23日 07:49
今日はうまくいきました^^
Posted by Sachiko at 2020年10月23日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]