2020年10月19日

アナベルのドライフラワー

アナベルは、咲きはじめの淡い緑色が美しく、咲き切ると真っ白になり、枯れてくると再び緑色になる。

白く咲いているときはまだ水分が多いので、うまくドライにならず萎れてしまう。
ドライフラワーにするには、枯れて緑色になった頃がいい。

annabelledry.jpg

こうして、アナベルは長く楽しめる。
秋には、枯れてなお美しいものたちが、澄んで淡くなった光を浴びている。

窓から見える山もすっかり紅葉になり、先日は初冠雪が観測された。
もうチューリップの球根を植え付ける時期になり、気がつけばフワフワと雪虫が飛んでいる。
  
posted by Sachiko at 22:07 | Comment(2) |
この記事へのコメント
そろそろ
われらが季節の到来!

きゅ〜っと毛穴がひきしまる
冷気

枯れ残った草花たちの
凛とした姿
そして
雪が天から降りてきて・・
Posted by しゅてるん at 2020年10月22日 07:23
春の芽吹きから
秋に枯れた姿まで、
植物はすべての季節で美しい。
雪の下に埋もれて、
想いの中だけに存在するときも。
Posted by Sachiko at 2020年10月22日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]