2020年10月05日

ケルトの詩

「ANAM CARA -- A Book of CELTIC WISDOM」(John O'Donohue)より。

--------------------------

ケルトの自然詩を読むと、すべての感覚が研ぎ澄まされているのがわかる。
風の音が聞こえ、果実の味が感じられ、そして何よりも、自然が人間存在にどのように働きかけるのかについて、すばらしい感覚をそこから得ることができる。

ケルトの霊性は、とりわけ霊的世界に関する視覚の認識に優れている。
ケルト人は、目に見えるものと見えないものの間にある世界を見る卓越した感覚を持っている。
イメージの世界と呼ばれるそれは、天使たちの住む世界である。

ケルト人は、この“あいだ”の世界を愛する。
そのことは、ケルト精神における、詩と祈りの中の美しい表現に見て取れる。

見える世界と見えない世界、これら二つはもはや分かれてはいない。それらは自然に、優雅に、抒情的に、互いに浸透しあって流れているのである。



   感覚への寿ぎの詩

 あなたの肉体が祝福されますように
 肉体は魂の 忠実にして麗しい友であることを
 心に留めますように

 あなたが安らぎと喜びに満ちて
 感覚が神聖な境界であることを
 知り得ますように

 聖性が心を寄せて
 見やり 感じ 聴き 触れることに
 あなたが気づきますように

 感覚があなたを抱きとり
 我が家へと連れ帰りますように

 あなたの感覚がいつも 
 宇宙と 存在の神秘と可能性とを
 祝すことができますように

 大地の官能があなたを祝福しますように

--------------------------


このようにケルト文化では、本来一体であるものを切り離すという考えがなかったという。
見える世界と見えない世界、内と外、肉体と精神.....

それはいわゆる現代的、西欧的二元の世界観とは異なる。
むしろ東洋的に感じるが、古い東洋の智恵というものも、今では失われてしまったように見える。

“あいだ”を見ることができなければ、ふたつの世界は分離し対立する。
“あいだ”を認識するには、繊細な感性がなくてはならない。
虹のそれぞれの色のあいだには、はっきりと隔てる線が引かれてはいない、ひとつながりの一体なのだ。

『ケルト人は、この“あいだ”の世界を愛する』

何も分かれていない、始源のやすらぎを思い起こさせる“あいだ”の世界。
ケルト文化が、現代にまた注目され浮かび上がってきているのは、あの失われたやすらぎへの希求かもしれないと思う。
  
posted by Sachiko at 21:59 | Comment(2) | ケルト
この記事へのコメント
分けすぎて
バラバラにして
その断片を拡大して
それで分かったつもり。

専門化は
現代においては
錦の御旗・・。

れいのさわぎも
そのおろかさを
よくあらわしていますね。

”あいだを認識する
 繊細な感性”
を大切にしたいものです。



Posted by しゅてるん at 2020年10月08日 07:42
シュタイナーが言った“現代の悪のはたらき”の中に、
断片化というのもあったような。

人間自身も断片と化して、
大いなるすべてとひとつながりであることを
忘れてしまったようです。
Posted by Sachiko at 2020年10月08日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]