2020年09月26日

聖なる親密さ

「ANAM CARA -- A Book of CELTIC WISDOM」(John O'Donohue)より。

-------------

我々の文化の中では、つながりということへの関心が過剰に集まっている。人々は何かと言えばつながりについて語る。

それはテレビや映画、その他のメディアにおいてももっぱらのテーマである。テクノロジーとメディアは、世界をひとつに結びつけてはいない。

それらはインターネットサービスによって世界が繋がっているかのように見せかけているが、実のところ、それらが配信しているのは仮想された影の世界なのだ。

ゆえに、それらは人間の世界をますます匿名性がはびこる孤独なものにする。
コンピューターが人間の出会いに取って代わり、心理学が宗教に取って代わる世界では、人々が取りつかれたようにつながりを求めても不思議ではない。

残念ながら、「つながり」は今や、人々の孤独な飢えが、温かさと帰属を漁ろうとしてうろつく空虚な中心となっている。

親密さを語る人々の言葉のほとんどは空疎で、果てしなく繰り返されるそれらの言葉は、親密さの全き欠如を明らかにするだけなのだ。

本物の親密さは、神聖な体験である。

-------------


まさに現代の状況が語られているのだが、この本が書かれた頃には、まだインターネットの一般普及率は低かったはずだ。

つまり、ここで書かれている空疎な状況はさらに増幅しているのだが、同時にそれらに対する幻想も、その幻想へのしがみつきも、メディアに煽られて増幅しているように見える。

時々初対面の人から、「SNS(FBやLINEなど)をやっていたらつながりましょう」と言われることがある(私はLINEはやっていない)。
初対面が悪いわけではない。初対面で強く惹かれることもある。

ただ多くは、別に私とつながりたいわけではなく、友だち登録数を増やしたいだけだということが明らかなのだ。
ZOOMの会合も、遠くにいる人とでも顔を見ながら言葉を交わせるのは便利に違いないが、私は消耗してしまう。

決定的な違いはやはり、生身でそばにいることによる「エーテル的交感」の欠如だ。
たった一度でも生身で会ったことのある人は、まったく違う。私はその人を知っている。

ますます空疎に薄らいでいく幻想世界の中で、心底ではアナム・カラを求めていることさえ、人々は忘れてしまわないだろうか。
か細い蜘蛛の糸に触れるような微かなものだったとしても、深奥の聖性から離れてしまわないように。それが帰り道だ。

もっとも、こんなことを書いてWeb上で公開しているのも、時代の共犯にはちがいない。
  
posted by Sachiko at 22:31 | Comment(6) | ケルト
この記事へのコメント
”エーテル的交感”

これですね〜。

直接的体験の素晴らしさの秘密は
これだったのですね!

この目で
星空を眺めること

この肌で
秋の冷気を感じること。

むか〜し
はじめて紐育の摩天楼を見たとき
すでにさまざまな媒体でこの風景を
見てしまっていたので
ものすご〜くヘンな感じでした・・。

もしこういった混乱や違和感を
感じなくなってしまったら
人間はどうなってしまうのか?

ところで
あまりライブでお会いしていないけれど
Sachikoさんにはなぜか
お隣さんのようなつながりと
親しさを感じるのです♪
Posted by しゅてるん at 2020年09月29日 06:57
紐育へも行かれたのですね。
私が最初に行った海外の地は維納でした(これも漢字で書いてみた)。

VRがもてはやされることに危機を感じます。
ほんものの星空を見上げ、星々の諸力を受けとることと、
ヴァーチャルの星空との区別がつかなくなるとしたら....

「体験されるまでは、何事も真実にならない」
これは誰の名言だったか....
五感での体験による実りでなければ、
向こう側に持って行けない気がするのです...

人も、像ではなく生身において、
静かなエーテルの光を感じたいものです。
世の騒ぎはなかなか収まりませんが、
またリアルで会いたいですね♪
Posted by Sachiko at 2020年09月29日 22:15
ほほう、
オーストリアの首都
ですな。
(調べたです)

”五感での体験による実り”
すてきなことば!
ほんと”実り”ですね。

すてきなものは
心のシャッターをきる派
なのは
向こう側に携えてゆきたい
からなのかも・・
と思いました。

ぜひ
リアルでお会いしませう♪
わたしのせかいには
れいのものはそんざいして
おりませんので・・(笑)
Posted by しゅてるん at 2020年09月30日 07:28
今は、日々情報が溢れかえっていますが、
「体験」はどんどん少なくなっている気がします。

花火大会などで、その場を五感で体験しないで
動画を撮ろうとみんなスマホをかざしている光景は、
なんとも奇妙に見えます。

11月半ばくらいには、家がクリスマスモードになっているので、
その頃いらっしゃいませんか。
今年はクリスマス市場もなくなったようだし...
Posted by Sachiko at 2020年09月30日 21:50
わ〜い♪
アドヴェントのころに〜!
Posted by しゅてるん at 2020年10月01日 07:52
では、また近くなったら相談しましょう♪
Posted by Sachiko at 2020年10月01日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]