2020年08月03日

飛ぶ馬の島

グリーン・ノウ物語第3巻「グリーン・ノウの川」より。

朝食前にたっぷり探検をした子どもたちは、暑い昼間、土手で眠り込んだ。午後には、休みで遊びに来た人々が川に群がり、モーターボートも走り回っていた。

グリーン・ノウでは、その人に応じた出来事が起こる。
川で起こる不思議なことは、この三人の子どもたちにだけ明かされる秘密のようだ。

アイダはピンとオスカーに、今日は昼間たっぷり眠ったので、一晩中外に出てみることを提案した。

「家の向かい側の大きな島で、一晩すごしましょうよ。」

島には「上陸禁止」の立て札がたくさん立っていたらしいが、彼らはそんなことは気にしなかった。


禁止立て札を無視したり夜中に抜け出して遊びに行ったり、今どきの頭の固い大人たちは、この物語自体にクレームをつけるかもしれないとふと思ったが、そういう人々がこの物語を読むことはないだろう。

グリーン・ノウの川が、騒がしく夏の遊びに興じる人々にとってはごく普通の川で、その静かな魔法のはたらきをけっして見ることはないように。


おやつの時間、子どもたちは夜に備えて、ビスケットや菓子パンをポケットにすべりこませた。
そして夜中にそっと家を抜け出し、島の土手にすわって耳を澄ませた。何かが近づいてくる足音がした....

「馬よ!何百ぴきも!」

子どもたちは馬のほうへ進んで行ったが、どうしても近づくことができなかった。

「そのうち、水を飲みにくると思うよ。魔法の言葉でもあればいいんだけどな。」オスカーが言った。

「だまって!ぼくはいま、川の音に耳をすまして、魔法をかけてるんだ」ピンが言った。

アイダははっとして息をのんだ。・・・馬の背の上でなにかがばたばた動き、一瞬、空の一部を見えなくしたのだ・・・

「ピン!なんの魔法をかけたの?馬に羽が生えてるわ。」

「ぼくは川に、魔法のことばを与えてくださいってたのんだんだ。そしたら川は、なんどもなんども答えてくれた。
それはぼくの名前なんだ。HSUなんだ。ああ、HSU。HSU。」


HSU(スー)というのは、ピンの本名だ。
英語では発音しにくいため、ピンというニックネームで呼ばれることになった。
今はもう彼をほんとうの名前で呼ぶ人はいない。彼自身の他には。

このあと、馬の群れは子どもたちを仲間にしてくれた。
闇が薄らぎ、馬たちが飛び立っていったあと、彼らは家に帰ってベッドに入り、いつもの朝食の時間に目をさました。

子どもたちは大きな紙に、これまで探検した場所を書き込んでいたのだが、ピンはそこに中国の文字でこう書いた。

「飛馬島」

川が与えた魔法の言葉がピンのほんとうの名前だったように、文字もまた、彼のほんとうの言葉で書かれる必要があったのだ。
   
posted by Sachiko at 22:37 | Comment(2) | ルーシー・M・ボストン
この記事へのコメント
禁止立て札
スナフキンは
これが大嫌いでしたね。

そんなスナフキンですから
今ここにいたとしたら
いつものように旅を楽しんで
いることでしょうね。
ますくなどせずに(笑)

Posted by しゅてるん at 2020年08月05日 06:38
私も、スナフキンがここにいたら
禁止立て札を片っ端から引っこ抜きまくるのだろうな、
と思いました。

トーベ・ヤンソン、
ルーシー・M・ボストン、
自由な精神と柔らかな魂の持ち主は、
やはりどこか似ています。
Posted by Sachiko at 2020年08月05日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]