2020年06月30日

「ルピナスさん」

「ルピナスさん」(バーバラ・クーニー作・絵)

lupinus1.jpg

---------------

ルピナスさんは、小さいアリスの大おばさんで、丘の上に住んでいます。
ルピナスさんも同じアリスという名前で、アリスのおじいさんは大きな船でアメリカに渡ってきたのです。

アリスは、自分も大きくなったら遠い国に行って、それから海辺の町に住むと言いました。
おじいさんはアリスに言いました。

「もうひとつしなくてはならないことがあるぞ。
世の中を、もっと美しくするために、なにかしてもらいたいのだよ。」

アリスはそうすると約束しました。

大きくなってミス・ランフィアスと呼ばれるようになったアリスは、遠い国々を旅しましたが、あるとき背中を傷めてしまい、旅をおしまいにして海辺の家に落ちつきました。

「世の中をもっと美しくしなくてはならないわね」

あるとき、丘のむこうにルピナスの花が咲き乱れているのを見ました。庭から、風で種が運ばれていったのです。

それからミス・ランフィアスは、たくさんのルピナスの種を村のあちこちにまいて歩きました。
次の春、村じゅうがルピナスの花であふれました。

すっかり歳をとったミス・ランフィアスは、ルピナスさんと呼ばれるようになりました。
ルピナスさんは、小さいアリスに言いました。

「世の中をもっと美しくするために、なにかしなくては」

「いいわ」小さなアリスは約束しました。

---------------

美しい絵本にとって余計なことを先に言ってしまうと、ルピナスはマメ科でとても繫殖力が強い。野原や道端で野生化しているのをよく見かける。
実は危険外来種なので、そこらに種を蒔いてはいけない。

本題はそこではなく、「世の中をもっと美しくするために」という話だった。
人生における望みや課題は人それぞれだけれど、このひとつの約束は、実はすべての人が生まれるときに持ってきているものではないのだろうか。

自分が何をしにこの世にやってきたのか....現代社会のシステムは、そのようなことを考えさせないようにできているらしい。

でも時代は変わる。
子どもたちが早い時期に、それぞれの方法で世界をもっと美しくするという使命を持っていることを教わったなら、彼らは自分自身を誇らしく感じられることだろう。
そして、目に見えるかたちや見えないかたちで、世界を美しくすることができるだろう。

lupinus2.jpg
   
posted by Sachiko at 22:26 | Comment(4) | 絵本
この記事へのコメント
かつて
アボリジニの人々は
オーストラリアの大地を
移動しながら

大地があるがままであるように
土地のお世話をしていたということ。

だから彼らは
住むための家も建てなかったし
畑を作ることもしなかった。

地球における
人間のミッションは
本来こういうことなのだろうと。

あるがままの美しさを
保たせること。


Posted by しゅてるん at 2020年07月03日 06:42
「月は植物の生長に影響を与える。
これをまだ信じているのと、
もう一度信じるのとは、
まったく違うことだ」(ミヒャエル・エンデ)

美しい古い智恵は、輪の上を回り続ける。
野蛮人のブルドーザーは猛スピードで直進する。

円と直線が合わさると、聖なる螺旋。
「今あるとおり」のあるがままと
「そうあり得る姿」のあるがまま

螺旋の道を通って、小さな原種のバラは
華やかなバラになった。
Posted by Sachiko at 2020年07月03日 22:17
輪は閉じているけれど
螺旋は可能性に向かって
(あるいは光に向かって)
開いていますね。
Posted by しゅてるん at 2020年07月04日 07:39
地球や他の惑星たちの軌道も、
同じところを回っているのではなく
螺旋を描いている。
螺旋は、進化の自然なかたち....
Posted by Sachiko at 2020年07月04日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]