2020年06月19日

「あおのじかん」

「あおのじかん」(イザベル・シムレール 文・絵)

blue.jpg

-----------------

おひさまが しずみ
よるが やってくるまでの ひととき
あたりは あおい いろに そまる
― それが あおの じかん

-----------------

このように始まり、それからたくさんの青い色の生きものが紹介される。

頭の羽根がぴんと立っているアオカケス。
青く冷たい空気の中では、ホッキョクグマも青く見える。

珍しい青い生きものたち。
コバルトヤドクガエル、フサホロホロチョウ、モルフォチョウ、ブルーレーサー(青い蛇)...

青い花たち。
ヤグルマギク、ホタルブクロ、ワスレナグサ、スミレ....

青い鳥たちや、海の中の青い生きもの。

夜の色はだんだん濃い青になっていく。
ぐんじょういろのイトトンボが、ルリハツタケにとまったら、あおのじかんは、そろそろおしまい。


日没後の青い時間、空気が青インクを溶かし込んだような青に染まる。
その青がしだいに濃くなっていくのを見るのが好きだった。
冬は特に、雪がすばらしく澄んだ青になる。

自然界に、たぶん青い生きものはそう多くない。
花も、他の色に比べて青い花は少ない。
それだけに、いっそう不思議に映る。

私ができるなら遭遇したいと思っているのは、魅惑的な青いキノコ、「ソライロタケ」だ。
(↓写真左上、『世界の美しいきのこ』パイ・インターナショナル刊より)

sorairo.jpg
  
posted by Sachiko at 22:20 | Comment(2) | 絵本
この記事へのコメント
おお!
ソライロタケ
はじめてみました。
(改めて
 我が家のきのこ図鑑を開く。
 のっていました!
 がこちらのは
 浅黄色のような色で
 少々地味で見逃してました^^;)
みてみたああぁあい!!

菌類は
ときおり斬新な色遣いのが
ありますね。

右上のキヌガサタケ
妖精のようですよね〜。

菌類の話題は
テンション上がるなぁ。

夕暮れ時の空は
美しすぎますね。

Posted by しゅてるん at 2020年06月22日 10:43
ソライロタケは、触ると青い色が失われてしまうのだとか。
生えている場所で見るしかないのですね。
この写真では、とんがった頭が妖精の帽子のよう。
キノコは、花のように虫を呼ぶ必要はないのに、
鮮やかな色や不思議なかたちは、
妖精の遊び心でしょうか。
Posted by Sachiko at 2020年06月22日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]