2020年06月17日

内在する数学

昔、こんなことを聞かれたことがある。
・・絵画の中には、黄金比とか何とか級数とかいう数学が入っているらしいが、絵を描く人はそういう計算をしながら描くのか?

私と、その時いっしょにいた人(絵を描く人)は、同じことを答えた。
・・いや、例えば紙の上に、自分がいちばん美しいと感じる位置に線を引くと、その比率になるのだ....

聞いた人はびっくりしていたが、計算などしない。それに芸術系の人はたいてい数学ができない(もちろん例外はある)。
数学的な計算だけで構図を作るというやり方があったとしても、それでは魂が入らないだろう。


自然界にはさまざまな数式が内在する。
花の構造の中に、銀河の渦に、巻貝のかたちに....
ミツバチの巣、フラクタルな雲、惑星の軌跡....

それらを内的に響かせるのか、抽象思考の学問として取り出すのか...
ヘルマン・ヘッセの『ナルチスとゴルトムント』の中に、こんな会話がある。

ゴルトムント:
「一枚の花びら、あるいは一匹の小さい虫が、図書室全体のすべての本よりはるかに多くを語り含んでいる、とぼくは思います。
時々ぼくはギリシャ文字のどれかを書きます。・・文字は鳥となり、羽毛を逆立て、からだをふくらし、笑い、飛び去ります。
あなたはそういう文字をたいしたものとは思わないでしょうね?でも、そういう文字で神さまは世界をお書きになった、とぼくは思いたいのです」

ナルチス:
「それは魔法の文字で、それによってあらゆる魔精を呼び出すことができる。もちろん、学問をするのにだけは適しない。
オメガという文字がヘビや鳥になることを、精神は容認しない。
精神は、自然に逆らってだけ、自然の反対物としてだけ、生きることができる。
今こそ君はけっして学者にはならないだろうということを信じるね?」


自然の反対物、とナルチスは言った。反対物は表裏一体だ。
例えば変数や記号や何やらのソースが、ウェブ画面上で見ると、構図を持ったかたちや色彩になったりする。#ffffffは白で、#000000は黒だ。

これは宇宙の裏側に似た姿ではないか、と思う。
それが可視的な世界に反映されたとき、葉っぱが巻き上がる螺旋になり、銀河の渦になる。

高校の数学は苦痛以外の何ものでもなかったけれど、試験などがなければそれ自体が嫌いなわけではない。
無味乾燥の裏側に神秘がひそんでいて、花や鳥や銀河になって飛び立つのを見ることができるなら。
  
posted by Sachiko at 22:17 | Comment(2) | 未分類
この記事へのコメント
いわゆる
純粋数学の世界

のぞいてみると

これはもう
(わからないなりに)
宇宙の言語
ではないか
と思わされます。

素数
とか
虚数
とか
無限小
とか
無限大
とか・・。
もう
うっとりします。

”点は部分のないものである。
 線は幅のない長さである。”
ユークリッド「原論」より

完璧な円
本物のシンメトリー
絶対的な平衡。

こういった
幾何学的概念も
興味深い。

この不完全な
現実世界においては。

「測りすぎ」
というタイトルの本がありまして
(ちなみに未読)
だよね〜!
と。

応用数学的な
なんでも測ればわかる
的な思考がはびこっている
現代社会。

測っても
本質はつかめない。

本質を語っているのは
純粋数学の世界でしょうね。

Posted by しゅてるん at 2020年06月22日 11:01
数学は宇宙の共通語だという話を聞いたことがあります。
物理法則(気圧、重力、太陽スペクトルなど)は、
別の星へ行けば違ってくるけれど、数学はどこでも通じる、と。

計測と数値化でわかったつもりになるのは現代病ですね。
母が亡くなる前、医者が病状の説明をするというので聞きに行くと、
「検査の数値がこうで、こういう臓器があって、ここの幅が何ミリで...」
という話を延々と聞かされ、「説明したので書類にサインを」
と言われました。
この医者は、単に偏差値という数値が高かったので医者になったんだろうな...
と思いました。
Posted by Sachiko at 2020年06月22日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]