2020年06月06日

半影月食

今朝、ちょうど満月が沈みかけ、反対側に太陽が昇りはじめる頃、半影月食があった。

皆既月食は月が地球の本影の中に入るが、半影月食は本影の周りの薄い半影の中に入る。

今朝の月食は地平線が見える場所でなければ見えなかっただろうし、半影の中の月は、見ても気づかないほどわずかに翳るだけだ。

皆既月食で月が欠けていく時にも、見えている部分はすでに半影の中に入っているのだが、それに気づく人は少ないと思う。

見ようとしなければ見えない、見ようとしても見えにくい、半影というあいまいな影.....どうもこういうものが好きだ。


最近の空の出来事では、4日が水星の東方最大離角で、たまたまその前後は晴れていたので、日没後の西北西の空に水星を眺めることができた。

月はこの後、8日の深夜に木星と接近、13日には火星と接近して、新月はちょうど夏至に当たり、日本では部分日食が見られる。
   
posted by Sachiko at 22:40 | Comment(0) | 宇宙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]