2020年05月26日

ティル・オイレンシュピーゲル

中世のトリックスターとして知られるティル・オイレンシュピーゲルは、北ドイツの小さな町メルン(Mölln)に実在したとされているが、詳細はよくわからない。

私がこの名を知ったのは、昔読んだ東山魁夷のドイツ・オーストリア紀行『馬車よ、ゆっくり走れ』の中だった。
本のタイトル自体が、ティル・オイレンシュピーゲルの伝説に基づいている。

---
馬車でやってきた男がティルに尋ねた。
「次の町まではどのくらいかかるだろうか」
ティルは馬車の様子を見て答えた。
「ゆっくり行けば4、5時間、急いで行ったら一日がかりだ。」
からかわれたと腹を立てた男は馬車を飛ばした。まもなく車輪が壊れて修理しなければならず、結果一日がかりになった....
---

先日のカシオペイアの話から、これもまた「オソイホド ハヤイ」物語だと思いだしたのだ。

リヒャルト・シュトラウスの交響詩でも知られる「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」は、翻訳本が出ているが私は読んだことがない。どうもあまり上品な話ではないらしい。

メルンは、北ドイツに行ったら尋ねようと思っていた町のひとつだった。
グリム兄弟の生地ハーナウから北へ向かういわゆるメルヘン街道は、多くの伝説が残る土地だ。

結局北ドイツへ行く機会は作れなかったし、ドイツも近年すっかり様変わりしたという話を聞く。どこもそうなのだろう。

遠い中世ドイツを思うと、幼い頃から親しんだメルヒェンや伝説のイメージからなのか、自分の中にそこへタイムスリップするような不思議な空間があるのを感じる。
  
posted by Sachiko at 22:39 | Comment(2) | ドイツ関連
この記事へのコメント
ゆっくり歩けば
遠くまで行ける

という言葉も
ありますね。

ある時代

ある場所

懐かしく
思うこと。

たとえそれが
現世のことで
なかったとしても。

Heimat

というらしい。


Posted by しゅてるん at 2020年05月27日 13:28
Heimatはこの世の時空を超えるのですね。

最近何やら時間と空間があいまい....
過去も未来も同じ空間の中で
あちらとこちらにあるだけ、のような。
Posted by Sachiko at 2020年05月27日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]