2020年05月24日

カシオペイアの叡智

「モモ」(ミヒャエル・エンデ)より。

モモはカメのカシオペイアに導かれて灰色の男たちの追跡から逃げ、マイスター・ホラの時間の国にたどり着く。
カメのあとをゆっくりゆっくり歩いているのに、灰色の男たちはモモに追いつくことができなかった。

カメは追っ手がどこに現れるかを前もって知っているようで、その場所を避けながら歩くことができたのだ。
時間の境界線地区では、カメはもっとゆっくり歩いているのに、自分たちがとても速く前に進むことにモモは驚く。
・・・・
二度目にこの場所に来たとき、モモはカシオペイアに言った。
「もうちょっと早く歩けない?」
「オソイホド ハヤイ」


ミヒャエル・エンデと河合隼雄の対談の中に、「モモ」の時間の話が出てくる。

「時計で測れる外的な時間というのは人間を死なせる。内的な時間は人間を生きさせる。」(エンデ)

灰色の男たちが時間を節約させることで、実は人間の内的な時間が枯渇してしまう。
カシオペイアの背中に出てくる「オソイホド ハヤイ」は、内的時間と外的時間の関係性の話なのだ。

対談の中では、河合隼雄が「遅れの神さま」という不思議で心惹かれる言葉を持ち出す。
元は、大江健三郎の小説に由来して河合隼雄が名付けた言葉のようだ。

「・・・その小説の中で一番大事なところは、智恵おくれの子どもさんが言う言葉なんです。
私はその子の言葉から、現代世界に大切なのは、「遅れの神」ではないか、みんなそれを忘れていると思ったのです。
亀というのはまさに、「遅れの神」のシンボルですね。」


マイスター・ホラの言葉によれば、カメのカシオペイアは時間の圏外で生きていて、自分の中に自分だけの時間を持っている。
大切な、遅れの神の叡智をたずさえて。

できるだけ早く効率的に!という現代世界の狂騒の後を、ゆっくりとニコニコしながら歩いて行く神さまの姿が浮かんだ。
  
posted by Sachiko at 22:27 | Comment(2) | ファンタジー
この記事へのコメント
”自分の中に
 自分だけの時間”

遅れのある子は
一見不自由そうに見えても
ほんとうの自由を生きている
ってことを
見せてもらいました。

教師って
灰色の男たち
の手下みたいなところがあるから
ほんとジレンマでした^^;



Posted by しゅてるん at 2020年05月26日 07:20
灰色の男たちの手下みたいでなければ
学校という機構には適応できそうもなく、
若い世代ほど魂が進化しているはずなのに、
子どもたちもそのように調教されてしまうわけで....
不登校になる子はとてもまとも、と思います。
Posted by Sachiko at 2020年05月26日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]