2020年05月07日

錬金術の葉

夜のあいだに雨が降り、朝にはアルケミラ・モリスの葉っぱにまだ露が残っていた。

morisdew.jpg

葉っぱが細かな繊毛に覆われているので、露はころころと玉になって輝く。

アルケミラ属は、錬金術(アルケミア)を語源とする。
同属のアルケミラ・ウルガリスには薬効があり、レディースマントルという名で、主に女性に役立つハーブティーとして使われている。

和名はハゴロモグサ(羽衣草)という。レディーズマントル(聖母のマント)をそのまま訳したもののようだ。

また、葉っぱの上に溜まった朝露を治療に用いたのがフラワーエッセンスの起源とも言われている。

クルーニーの庭で、一緒にいた数人にその話をしたら、大きな葉っぱを傾けて露を飲んでいた...(エッセンスに使われるのもアルケミラ・ウルガリスのほうなのだが...)
クルーニーのアルケミラ・モリスは驚くほど大きかった。

フィンドホーン・フラワーエッセンスの〈レディーズマントル〉のキーノートは「気づき」で、心の深いところに光を当てて意識的になることを促す。

縁にギザギザのある、扇のような形の葉っぱが特徴的で、意外にもこれはバラ科なのだ。
聖母の名がついているとおり、全体の印象はなんとも優しい。

----------------------------------
〈さざめく露玉〉  https://fairyhillart.net

dewdrop-1.jpg
  
posted by Sachiko at 22:11 | Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]