2020年04月27日

水仙

水仙が咲いてきた。

suisennew.jpg

早春のこの時期は、近所の庭も水仙の黄色一色だ。
子どもの頃、教科書だったか子供向けの図鑑だったか、「冬の花」という項目に水仙が載っていた。

冬の花?冬に花は咲かないよ。
一面真っ白に凍りついている冬に、花?
何とも不思議だった。

もう少し後になって、その種の本はほとんど関東標準で書かれていると知った
ここ数日の気温は東京の真冬並みだったので、冬の花と言われればそうなのだろう。


ワーズワースの「水仙」の一節((平井正穂訳)

 夜空にかかる天の川に浮かぶ
 燦めく星の群のように、水仙の花はきれめなく

雪の少ないイギリスでは、水仙は2月下旬から咲き出すらしい。
我が家の少しばかりの水仙は星の群とは程遠いけれど、黄色い花たちは光を放って見える。
  
posted by Sachiko at 21:59 | Comment(2) |
この記事へのコメント
本州との植生の違い

柿の実がなってる〜
夏みかんがなってる〜
竹林だ〜
冬なのに椿の花が咲いてる・・
などなど
はじめて見たときには
ほんとうに衝撃的でした


北国の春の百花繚乱
白樺の若葉の緑のみずみずしさ
やはりこれだよな〜
と思うのですよ!
Posted by しゅてるん at 2020年04月28日 10:09
歌や文学によく出てくる、
ツバキ、サザンカ、ジンチョウゲ、キンモクセイ、レンゲ....
どれも北海道にはない...

遠くから、珍しい木があると思って近づいてみたら
竹だったことあり。
竿竹のイメージしかなかったもので、
竹に枝が出ると思っていなかった...(~_~;

みかん畑の向こうに富士山を見たときの、
あの異国感.....
やはり私には、ジャガイモ畑の向こうに羊蹄山のほうが
しっくり来ます^^ゞ
Posted by Sachiko at 2020年04月28日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]