2020年03月12日

「マーヤの植物だより」

「マーヤの植物だより」(レーナ・アンデルソン)

「マーヤ」シリーズの絵本は三冊あり、訳者によって、作者の名前がアンダーソンだったりアンデションだったりアンデルソンだったりする。
ここではスウェーデン名としてなじみのあるアンデルソンを採用。

maja1.jpg

たくさんの木や草や花やハーブとともに、マーヤはすばらしい時を過ごす。
トネリコの枝につるしたブランコに乗ったり、弟のペッレの誕生日にイチゴのケーキを作ったり、カシの木のてっぺんを別荘にして、ひみつの友だち(ドングリの妖精)と過ごしたり...

仲良しの友だちといっしょにラベンダーのサシェを作ったり、シダの葉の下で雨宿りしているトガリネズミに出会ったり、チャイブを刻んでオムレツに入れたり。

一日の終わりに、歯をみがいたあと、お気に入りの椅子でのんびりとスイカズラの香りを吸う時間、外はまだ明るい。

ひとつひとつの植物に、短い詩のような言葉が添えられている。

子どもが育つのに最もよい環境は田園だという。
自然が大好きな少女マーヤの、豊かでしあわせな植物ライフのお話。

hagoromo.jpg
  
posted by Sachiko at 21:29 | Comment(0) | 絵本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]