2020年02月22日

「ルンペルシュティルツヒェン」・2

・・・三日のあいだに自分の名前を言い当てたら、子どもを取らずにおこう、と小人は言った。

お妃は、聞いたことのある名前をすべて思いだし、他の名前があるなら国じゅうを回って聞き出してくるようにと使者を送った。

あくる日小人がやってきたとき、お妃は知っている名前すべてを並べ立てたが、小人はそんな名前ではないと言う。

二日目には、めったにないおかしな名前を並べてみたが、小人はそんな名前ではないと言った。

三日目に使者が戻って来てこう報告した。
「森の中で、小人がひとり、焚火のまわりを飛び跳ねながら

 今日はパン焼き
 明日は酒づくり
 あさってにはお妃の子ども
 うれしいことに誰も知らない
 おれの名がルンペルシュティルツヒェンだということを

と、歌っておりました」

お妃が大喜びしていると、まもなく小人が入ってきた。

「さあ、おれの名前はなんというんだ?」
「ルンペルシュティルツヒェンとでもいうの?」

お妃が名前を言い当てると、小人は腹立ちまぎれにわめき、自分で自分のからだを引き裂いてしまった。

------

ヨハネス・W・シュナイダー著「メルヘンの世界観より。

焚火の周りで踊る小人は、名前が事物に力を与えることができるような太古の意識の中にいる。
太古の魔術的文化のように、強い意志のはたらきを通して何の変哲もないものを金に変えることができる。言うなれば意思を思考のはたらきに変える。

メルヒェンに子どもが出てくるとき、それは必ず未来を意味している。
この場合は、お妃が小人の名前を言い当てる(太古の文化の本質を探り出す)ことによって、人間の未来が守られる、ということになる。

------

名前を知ることでその相手に対して力を持つという話は、現代作品では「ゲド戦記」を思い出す。
太古には名前が呪術的な力を持っていたと言われる。
現代において多くのことが混乱しているのは、人間が事物の正しい名前や、名前というものの扱い方を忘れてしまったからではないか、という気がする。
人間の未来のためには、太古の力を持つ小人の名前を言い当てることが必要なのだ。

ルンペルシュティルツヒェンという、いかにもドイツ語らしい響きが私は好きだが、以前グリム童話集の中にこの物語を探そうとしたとき、なぜか見つからなかった。
岩波版のグリム童話集は全訳なので、ないはずはない。
しばらく探して「がたがたの竹馬こぞう」という訳になっているのを見つけた.....
  
posted by Sachiko at 22:15 | Comment(2) | メルヒェン
この記事へのコメント
「イシ」も
けして自分の名を
明かしませんでしたね。

目に見えぬ
よからぬものの存在を
感じた時には
「名を名のりなさい!」
と言うと
消え去るそうです。
 
そういえば
成長とともに
名前を変える
というのが
かつての日本でも
また他の国の文化でも
ありますよね。

思いつくままに・・。

音のちから
ことばのちから。
Posted by しゅてるん at 2020年02月24日 08:06
我が家の固定電話には、電話に出る前に
「あなたのお名前をおっしゃってください」という
音声が流れる機能がついています。
それで、よからぬ迷惑電話らしきものは向こうから切ります。

子どもが幼い頃は、悪魔に連れていかれないよう
わざと奇妙な呼び名をつけるというのは、
多くの民族にありますね。
Posted by Sachiko at 2020年02月24日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]