2019年12月21日

寒冷地仕様

12月の上旬は暖かすぎて、気温が10度近くまで上がった日が何日かあった。ふと見ると、ライラックの芽が幾つかはじけてふくらみかけていた。
オイオイ...早まるな!冬はこれからだ。

でもこれと似たようなことが体にも起きていることに気がついた。
体調不良というのではないけれど、なんだか体の感覚がおかしい。

一瞬、今の季節って....春....じゃないよね?という感じで、どうも空気感が真冬のものではないのだ。
体はこの生ぬるさを、3月初旬くらいと認識しているらしい。長い真冬日を脱し、最高気温がプラスになり始める頃だ。

私は心身ともに寒冷地仕様にできている。
根雪にも氷点下にもならない温暖な地方には住めそうもなく、一冬雪を見ないでいたら死ぬかも...と思っていたが、これも冗談ではない気がしてきた。

冬至の頃、外側の自然界は活動を止めたように見え、太陽の光が最も弱くなるとき、魂は深みに降り、内側に光を見出す。それがこの季節の役割なのだという。
魂が深奥に赴くために、本ものの冬が必要だ。

明日はその冬至だというのに、今日も最高気温がプラスだった。こんな気候が続けば、本気でもっと北への移住を考えなければならないかもしれない....
幸い、イブを過ぎたらしばらくは真冬日になるようだ。
  
posted by Sachiko at 21:24 | Comment(2) | 季節・行事
この記事へのコメント
ほとんど雪のない
クリスマス
ってはじめてかも。

サンタさんも
そりが使えず
困ってはいやしないか?

メリークリスマス!
Posted by しゅてるん at 2019年12月25日 08:01
クリスマスだというのに雪少なすぎです(>_<)
また1月以降にドカッと来るのか...?
メリークリスマス♪
Posted by Sachiko at 2019年12月25日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]