2019年12月15日

自然霊と友だちになるために・5

「NATURE BEINGS」(Margot Ruis著)から。

-------------------------

あなたが瞑想によっていくらか水に似たものになることができたなら、水の精たちはあなたに近づこうとするでしょう。

自然の中でのワークショップにおいて、多くの人が何らかの方法で水の精の存在を知覚することができました。人々は思っているよりも敏感です。
誰もが、エルフの領域にアクセスする独自の方法を見つけることができます。

シャーマン的な技術に精通している人々にとっては、自然霊たちとの直接の接触に加えて、さらに多くの可能性があります。
見えない世界と意識的につながり、個人やコミュニティに益する情報やメッセージを伝える、それがシャーマンの仕事です。

しかしそのようなことを知らなくても、木と話すことはできます。あなたがほんとうに願うなら、あなたにとって適切なかたちで自然霊たちと接触する方法を見つけることができるでしょう。

-------------------------

たとえば木のそばにいるときと、小川や滝のそばにいるときの気分の違いを、多くの人は感じとることができる。

そのように、内側でかすかに“感じとる”ものが、きっと自然霊たちと出会う小道の入り口なのだ。

いかにも妖精らしい妖精の姿をしたものを外的に見ることを期待すると、かすかな“感じ”を見逃してしまうかもしれない。

ひたすら内側の感覚に注意深く耳をすますことで、いつか“私”の境界を超えた何ものかがそこに立ち現れるのを待つ。
信頼、敬意、共感...といった、出会いの小道へ持っていくのにふさわしい感情を携えて。

葉擦れの音、小さなつむじ風、揺れる木漏れ日、開きかけたつぼみ....
それらに同調し、内面に作用させるときには、それが単なる物理的現象だけではないことを確信できるはずだ。

現代の都市生活とは真逆に見える小道だけれど、そこを行こうとする試みは、やがてこの文明を覆すくらいの力を持ち得るのではないかと密かに思っているが、どうだろう.....
 
posted by Sachiko at 22:24 | Comment(4) | 妖精
この記事へのコメント
呪術師ドン・ファンも
チベット密教も
同じことを教えています。

物質的なこの世界と
(正確にいえば、物質的だと
 私たちが信じている世界)


夢や
妖精の棲むような
非物質的な世界


間に立つこと。

そのどちらの世界にも
とらわれずに
かたよらずに。

心の静寂をもって・・。

ことばにするとこうだけど、
行うは難し^^;
Posted by しゅてるん at 2019年12月16日 08:20
ファンタージエンに行けない人ではなく、
行きっきりになる人でもなく
自由に行き来できる人になる...というのも、
そういうことなのでしょうね。
自然霊はファンタジーの存在ではなく
目に見えないリアルだけれど。
Posted by Sachiko at 2019年12月16日 21:30
そうすると
橋の上に立つ
ことになりますね!
Posted by しゅてるん at 2019年12月18日 06:49
橋がなければ、人類は物質人間になってしまい、還る場所を失う...
だから、橋の上族は必要...と思いたい。
Posted by Sachiko at 2019年12月18日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]