2019年12月06日

自然霊と友だちになるために・4

「NATURE BEINGS」(Margot Ruis著)から。

---------------------------

水の精に会いたいなら、まず彼らが住んでいるエレメントと波長を合わせるのがよいでしょう。水の音と調和した瞑想が役に立ちます。

私たちは水から多くを学ぶことができます。
小川や滝は、何ものにも執着しません。必要なときに必要なすべてが来ることを信頼しているのです。

水は、どこにいようと完全にそこに存在します。
滝の中にいるときには源泉のことを考えたりせず、川でどうなるかを思い煩うこともなく、ただ純粋に滝であり続けます。
知らない場所に流れ落ちるときも、ゆだねて信頼しきっています。

水はどんな形にも固着せず、どんな形にもなります。
水差しの中では水差しの形、グラスの中ではグラスの形、そして小川では地形が促すとおりに次々と形を変えながら流れます。

水は自由に形を変え、柔軟で、まさにそのために損傷を受けることがありません。水を打ち砕こうとしても意味がなく、水は打撃を回避して元に戻ります。

とても柔らかいけれど極めて強いエレメントであり、限りない忍耐力を持っているので常に勝利します。岩は抵抗することができず、しまいには砂になります。

あなたが水のように柔らかいときには、あなたの道にある石の硬さを感じないでしょう。あなたは水のように、いともたやすく自然にそれらの周りを流れてゆくのです。

もし今私たちが困難な状況にある場合、くり返し水に耳を傾けて水と共に流れてゆくなら、水から学ぶことがたくさんあります。

-------------------------

「水は方円の器に随う」
このことわざは世界共通なのだろうか。
ここまではまだ水の精たちは出てこないけれど、水という存在についてあらためて意識を向けると深いものがある。
まさに、人間は水に同調することで多くを学べる。

岩は一時的に強いかもしれないがやがて砕ける。水は傷つかない。なるほど....
水の在りようとそのイメージから、しだいに水の精たちが姿を現すのを待ってみよう。

水はいのちの源であり、地球は水の星だ。
柔らかで強い水の精たちが女性の姿をとることも頷ける。
  
posted by Sachiko at 22:26 | Comment(0) | 妖精
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]