2019年12月03日

「モミの手紙」

アメリカの詩人ロバート・フロストについては、以前「白い森のなかで」という絵本を紹介したことがある。

冬の静かな喜びについてうたうときは右に出る者はいないと言われている詩人だが、この絵本では、純粋な美や喜びの世界に、すこし違ったトーンが入りこんでくる...

「モミの手紙」(ロバート・フロスト作、テッド・ランド絵)

momitegami.jpg

-------------------------

冬も近いある日、香りのよいバルサムモミの山を持っている“わたし”のところに、町の商人がやってきた。
男はクリスマスツリーが欲しいのだと言う。


《彼らは、モミの木。断じてクリスマスツリーではない。
切り倒して金に替えようなんて、金輪際考えたこともない。》

《クリスマスツリーになって、いくばくかの金に交換されることをバルサムモミの木が知ったら、どんなに嘆くだろう。
おまえたちは、ここにいることで、大事な、たくさんの仕事をしている。
生きているからこそ美しく、立派なのだよ。》


たとえ高値がついても売る気はないが、“わたし”は男を案内して山へ入った。
男は木の品定めをして、1000本の木に対し、ただ同然の値を提示した。
売る気はないがどう考えても変だ。そんな取引は間違いだ。


《わたしは、この香りのよい、美しいバルサムモミの木を誰かに見てもらいたくなった。
そうだ、友だちに手紙を書く用事があった。
自慢のバルサムモミの木をまるごと一本絵に描いて送ろう。手紙に添えて。》

momicard.jpg
  
posted by Sachiko at 21:44 | Comment(0) | 絵本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]