2019年11月29日

細い月と惑星たち

南西の空の惑星たちの並びに、今日は月齢2.7の細い月が加わった。

narabi.jpg

・・・このように並んでいたはずなのだが、実際にはまだ空が明るく、土星は見えなかった。もう少し暗くなるまで待っているうちに雲がかかってしまった。
明日天気が良ければ、月が土星の左側に移動しているのが見られるはずだ。

新月を過ぎたばかりのごく細い月は、ほんとうに美しい。

月のフェイズの変化は女性に例えられる。
明るい夕空の細いニュームーンはまだ幼い少女、やがてたおやかな乙女となり、上弦を過ぎふっくらした月は身籠った若い母の姿...

満月を過ぎて欠けていく月は、夜半遅くに昇るようになり、ずいぶん印象が変わる。

夜明け前の細い月は、向きが逆というだけでなぜこんなに違った気分を呼び起こすのか、とても不思議な気分になる。めったに見ることがないせいだろうか。

天空の存在たちは、確かに別の次元を生きている。
月や星たちを見ている時は、この世の喧噪が消えていることに気づく。
あのサム・ギャムジーが暗いモルドールの上空に輝く白い星を見上げ、影の達しえぬところにある永遠の美を感じたように...
  
posted by Sachiko at 22:03 | Comment(0) | 宇宙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]